人体の中枢 脊髄と髄膜

私たちのからだと健康
TOP > 人体の中枢 > 脊髄と髄膜

脊髄 髄膜



 

 脊髄と髄膜

 脊髄

 形と大きさ

 脊髄は、脳幹の後端、延髄に続いている。脊椎骨のつらなった脊柱のなかにあり、細長い棒状をしたいる。長さは日本人の大人で平均44a、重さ25cで、下端は円錐形にとがっている。

 脊髄の両側面からは、規則的な間隔をおいて、31対の脊髄神経(末梢神経)が出ている。これに対応して脊髄は、上から頚髄・胸髄・腰髄・仙髄に分けられる。頚髄の下の部分と腰髄は、とくに太くなっている。これは手と足に、たくさんの神経線維を送り出すためである。

 灰白質
 脊髄の断面をみると、中央にH字形の灰白質があり、まわりを白質が取り囲んでいる。H字の中央には小さな穴があいている。この穴は、脊髄を縦に貫いて走る中心管である。H字の灰白質は、前柱・後柱・側柱とに分かれており、それぞれ働きのちがう神経細胞が集まっている。
 
スポンサードリンク
 白質
 H字の灰白質のまわりにある白質は、たての方向に上行下行する神経線維のたばである。上行するものは、感覚神経路、下行するものは運動神経路と自律神経路であり、規則正しくならんで走っている。

 髄膜

 脳膜と脊髄膜

 脳は、脊髄ととも三重の膜でつつまれている。脳と脊髄をつつむ膜を髄膜といい、脳をつつむものを脳膜、脊髄をつつむものを脊髄膜という。脳膜炎など、これらの場所に炎症がおこると、脳の機能はさまたげられて、いろいろな症状があらわれる。

● 柔膜・クモ膜・硬膜
 三つの膜のうち、いちばん内側にあるのが柔膜である。柔膜は脳の表面にぴったりとくっつき、その外側をクモ膜が、さらにその外を硬膜が包んでいる。硬膜は、ほんらい内外二葉からなり、内側のものは脳と脊髄の全体をすっぽりとつつみ、外側のものは頭蓋骨や脊椎骨の内面を裏うちしている。

 柔膜とクモ膜とのすきまは、髄液で満たされて、外からの衝撃が脳へ強くひびかないようになっている。脳はさらにその上から、頭蓋骨・皮膚・頭髪によって、厳重に保護されているのである。
スポンサードリンク

⇒ 
脳室と髄液、脳の血管

 




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved