脳の働き 食欲

私たちのからだと健康
TOP > 脳の働き > 食欲はどこで起こるか

食欲 視床下部


● 食欲 ● 食欲と関係のある視床下部 ● 腹ぐあいを左右するもの 
● 食欲はどこで起こるか

 食欲はどこで起こるか

@ 視床下部のはたらき
 食物の摂取は中枢神経、特に視床下部にある摂食と飽満の二つの中枢で統御調節されていることは明らかである。

 食物を飲み込んだりする摂食反射は、脳幹と脊髄のレベルで行われるが、それを視床下部の2中枢によって調節しているのである。そして、血液・体温・胃の状態などの内部環境の変化が、さらに摂食の調節に作用している。

A 食欲と「古い皮質」
 視床下部の上位にある「古い皮質」には、視床下部2中枢の活動を調節している場所がいろいろある。食欲や食行動は、視床下部と「古い皮質」が、お互いにうまく働きあって発現されるのである。

● 「古い皮質」のある部分を電気刺激すると、舌を出したり、口の周りをなめまわしたり、噛みくだいたり、物を飲み込む運動をしたり、クンクンかいだり、唾液を分泌するといった一連の摂食に関係のあるような反応を起こす。

● また「古い皮質」の扁桃核を壊すと、多食や肥満が起こったりする。この扁桃核を電気刺激すると、空腹の猫で摂食が抑制されたり、物を食べている最中で、食べるのをやめたりするといった摂食行動の変化が起こる。扁桃核は飽満中枢の活動を助け、摂食中枢の活動を抑えるように働くことが分かっている。
 
B 食欲と「新しい皮質」
 人間の場合は、「新しい皮質」の働きも食欲に大いに関係してくる。食物に対する嗜好、調理のしかた、食事に雰囲気といったさまざまな条件や心の状態が、食欲を大きく修飾している。
 



4種類の生菌で
腸内バランスを整える医薬品
【ファスコン整腸錠プラス】



今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>


ファスコン整腸錠プラスは、
腸内で働く4種の生菌で
お腹の調子を整える第3類医薬品です。

高タンパク質・高脂肪
低食物繊維中心の食生活や
不規則な生活習慣、
ストレスなどで
腸内細菌のバランスが崩れ、
腸のはたらきが弱くなり、
お腹のはり、ゴロゴロ、
下痢や便秘といった
不快症状があらわれます。

ファスコン整腸錠プラスには、
有益な腸内細菌である
乳酸菌(フェカリス菌)
(アシドフィルス菌)(ビフィズス菌)と、
有益な腸内細菌の増殖を促す
(納豆菌)の4種に加え、
消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を
配合し、お腹の調子を整え
日頃乱れがちな便通を改善します。

4種類の生菌が
腸全体をカバーするため
多くの方が実感されます。

 ヨーグルト風味
小粒の錠剤で、5歳からお年寄りまで
家族みんなのおなかの
健康に役立つ整腸薬です。

今すぐお試し!
<不安定なおなかに整腸薬>

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved