脳の働き 眠り

私たちのからだと健康
TOP > 脳の働き > 眠り

眠り 睡眠


● 眠り ● 眠りとは ● 眠りと身体の変化

 不眠も寝だめもできない;眠り

 アメリカで行われた断眠の実験によると、肉体にも、脳にもかなりの障害が起こることが証明されている。眠りをとらないと2〜3日目から、いらいらしたり記憶が悪くなったり、錯覚や幻覚も生じるといわれている。

 また断眠実験の後で、好きなだけ眠らせると12〜14時間で回復する。つまり正常な脳は、熟睡すれば15時間以上は眠れないことになっている。

● 断眠の公認の世界記録は、1964年、アメリカの高校生が記録した264時間12分(11日間12分)である。

 脳にある睡眠センター

@ 眠りとは、身体全体に起きてくる生理学的な変化である。脳も内臓も筋肉も、心臓さえも、眠っている間は働きが弱まっている。

A 眠りを総合的にコントロールしているのは、脳にある睡眠と覚醒のセンターである。ここでは、身体の生理機能の運転状態を総合的に見ながら、覚めている状態から眠りへ、眠りから目覚めの状態へと微妙な変換作業をコントロールしている。

 脳幹の網様体と、脳幹の視床下部がその場所で、大脳皮質の活動水準を支配する「意識の座」と同じである。

B 網様体は視床を介して「新しい皮質」の活動水準を左右し、視床下部は主として「古い皮質」の活動を高めたり低めたりしている。いっぽう視床下部は「新しい皮質」の活動水準にも影響を与えている。

 感覚刺激の量が眠りを左右する

@ 朝、目覚める場合には、窓から差し込む太陽の光、自動車の音、子供の泣き声などの、身体の外からのたくさんの刺激や、尿意などの身体の内部の刺激によって眠りが破られることが多い。

A 寝つく時には、明りを消し、テレビの音を止めるなどして、感覚刺激の量をできるだけ少なくすると、早く眠りにおちいりやすい。

B 私たちの意識の水準は、網様体や視床下部へ流れ込む感覚刺激の量によって左右されている。感覚の刺激が多ければ、網様体や視床下部の活動は盛んになり、したがって意識もはっきりしてくるが、逆に少なければ意識の水準は低下し、眠気を模様してくるということになる。

 睡眠の生理は太陽の運行に従う

@ たとえ夜働き、昼に寝ているという人がいても、私たちの眠りと目覚めの基本的な生理は太陽の運行に合わせて作られている。しかも眠り8時間、目覚め16時間というリズムは世界中どこへいっても変わらない。

A 感覚刺激の量が眠りと目覚めに影響を与えていることは確かだが、どんなに刺激を少なくしておいても、朝になれば自然に目覚めるのは、私たちの働きの活動が、1日のリズムに支配されているからである。

B 朝、目覚めて、その日の活動が始まるということは、身体の活動水準が上昇してくるということである。また疲れて眠くなったということは、身体の活動水準が逆に低下してきたということである。

C 太陽の運行に合わせたこの24時間周期のリズムは、視床下部や下位脳幹で作りだされていると考えられる。リズム活動が何によって起こるかということは、特殊な化学物質の働きによるとしか、まだはっきり分かっていない。

⇒ 眠りとは
 



朝までぐっすり!!

初回980円筑波大学監修の
休息特許成分配合サプリメント
ネムリス



初回980円でしっかり休息を実感!
【ネムリス】


初回980円購入なので安心!!

 ・しっかり寝ているのに
     疲れが気になる方へ

 ・不眠が気になるが
     薬は飲みたくない方へ

次の項目の
2個当てはまったら「隠れ休息不足」

3個以上のあなたは
すでに休息不足の可能性が!?

日中のやる気が出ない
集中時間が続かない
いびきをかく
生活にメリハリがない
運動不足気味だ
寝る前にスマホを使う
よくイライラする方だ
飲酒・喫煙をする
脂っこい料理が好物だ
便秘気味である


「ネムリス」は、
筑波大学・裏出教授監修の
睡眠時脳波検証で
国内で初めて科学的効果を発見した
休息サプリメントです。

休息の特許成分である
「ラフマ葉抽出物」を配合し、
従来使用していた
成分の見直しを図ることによって、
より高い休息実感を
実現しています。

天然植物ハーブなど
計12種もの快眠成分を
凝縮配合した睡眠サプリメントで、
リラックスして
おやすみの質をスムーズに高める、
日本睡眠教育機構の
睡眠健康指導士など
睡眠のプロも絶賛する
サプリメントです。


 


Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved