条件反射の法則

私たちのからだと健康
TOP > 脳の働き > 条件反射の法則

条件反射 汎化


● 反射とは ● 反射の種類 ● 反射のしくみ ● 平衡反射
● 条件反射とは ● 条件反射の法則 ● 学習行動も条件反射

 脳の働き:条件反射の法則

@ 汎化(はんか)
 唾液条件反射が出来上がると(条件付け)、メトロノームの代わりにベルを鳴らしてもブザーを鳴らしても唾液が出る。このように、似た刺激が脳に同じ反応を起こすことを汎化の現象という。

A 分化
 1千サイクルの音を聞かせた時にだけ餌を与え、500サイクルの音を聞かせた時には、餌を与えないような二つの操作を比較させて、何回も繰り返していると、音は音でも1千サイクルの音を聞かせた時にだけ唾液が出るようになり、500サイクルでは絶対に反応を起こさないようになる。これを分化の現象という。

B 消去
 メトロノームによって唾液が出るように条件付けができた後で、条件刺激ばかり与えて、餌を与ええないと唾液は出なくなる。これを消去という。消去された後で、ふたたびメトロノームのと餌を組み合わせると、また唾液が出てくる。

C 条件結合は一時的
 中枢間の条件結合は一時的であり、いつでも道は開いたり閉じたりできる。条件結合とは条件しだいで、いかようにも変えられる一時的な結合という意味である。

D ショックは条件反射を消す
 非常に強い精神的な刺激を受けるとせっかく出来上がった条件反射はなくなってしまう。

 ブイコフの実験

@ 内臓も条件反射をする
 パブロフの弟子のブイコフは、唾液分泌のほかに、自律神経系が支配する内臓器官の働きを条件反射でひき起こすことに成功した。犬にアドレナリンを注射すると、呼吸は荒くなり、心拍が速くなる。何回も注射しているうちに、犬は注射器を見ただけで同じような反応をみせる。

A 内臓の刺激も条件刺激になる
 犬の胃の中にゴム球を入れ、気づかれないようにそのゴム球をふくらませる(条件刺激)。続いて犬の前肢に電気刺激(痛み)を与えると、犬は前肢を曲げて痛みを避ける。この二つの刺激を繰り返すと、ゴム球をふくらませただけで、前肢を曲げるようになる。これは内臓から出る信号が脳の働きに影響を与えることを証明した実験である。
 
幼児期〜12歳くらいまで
GIQ子ども能力遺伝子検査

自宅で出来て安心/国内だから安全


B 脳が身体を支配する
 ブイコフを始めとするパブロフ学派の研究は私たちの身体のあらゆる働きが、心臓・血管・呼吸器・消化器・排泄器などの内臓の働きだけでなく、代謝や免疫に至るまで大脳の支配下にあって、生活環境に適応していることを証明した。また睡眠やノイローゼやヒステリーなどの原因にも、条件反射が関係することを示した。

⇒ 学習行動も条件反射
 

CMで話題のシャワーヘッド!【豪華10大特典付きミラブル】



美容液ファンデーション売上*15*年連続No.1「神ファンデ」



 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved