脳のはたらき 条件反射とは

私たちのからだと健康
TOP > 脳のはたらき > 条件反射とは

条件反射 パブロフの条件反射



 

 条件反射とは

@ 生まれつきそなわっている反射にたいして、生まれてから、ある条件のもとで、はじめておこる反射を条件反射という。

A 条件反射ということばは、日常よく使われ、またいたるところでみられる現象である

● クマはサーカスでは使いにくいといわれているが、あるサーカス団には、見事な曲芸をするクマがいる。条件反射を応用して仕込んだのだといわれている。

● 池のふちをコツコツたたいて、えさをやる習慣をつけると、コツコツたたいただけで、魚が寄ってくる。これも条件反射である。

 パブロフの条件反射

 条件反射は、ソ連の生理学者パブロフがうちたてた学説である。

@ 靴音とよだれから

 パブロフはノーベル賞受賞(1904年)の対象となった消化腺の研究をしていたときに、実験に使っていた犬が、いつも餌をもらう小使いの靴音で、よだれを垂らしたことにヒントを得た。

A 条件反射のしくみ
 
スポンサードリンク
 パブロフは靴音と唾液の分泌の奥にひそむ仕組みに目をつけ、餌を期待する心の動きと唾液の分泌との結びつきのしくみを明らかにした。つまり、特定の靴音→食べ物→唾液という繰り返しがあって、いつの間にか靴音→唾液という本来は無関係な二つのことがらが結びついて反射が起こるというのである。

B 二つの中枢に道ができる

 犬にメトロノームの音をきかせ、そのあとで餌を与える、この組み合わせを何回か繰り返すと、犬はメトロノームの音を聞くだけで、唾液を分泌するようになる。このことは犬の脳にある聴覚中枢と唾液分泌中枢との間に新しい道ができたからであり、唾液が出てくることは、つぎに餌が口に入ることを期待しての反応である。

C 無条件反射と条件反射

 パブロフは、餌が口のなかへ入ったとき起こる唾液分泌は、生まれつきそなわっている反射であるので無条件反射、この無条件反射と結びついた知覚信号(靴音やメトロノーム)を条件刺激、この刺激によって新しくできた中枢間の結合(この場合は聴覚中枢と唾液分泌中枢)を条件結合とよんだ。そして、この条件結合が成立して結果おこる反射を条件反射とよんだ。

D 条件刺激

 動物のばあい、条件となる刺激は99%まで、音・光・痛みなどの感覚刺激である。人間となると、抽象的なことでも条件刺激となる。

E ことがや文字も条件刺激になる

 わたしたちの瞳孔は、光を照らすと縮小する(瞳孔反射)。弱いベルの音をきかせては、瞳に光を当てることを繰り返すと、ベルの音だけで瞳孔は縮小するようになり、条件反射が成立する。これが極端になると、ベルということばを聞いたり、文字をみただけで瞳孔は縮小するようになる。
 
スポンサードリンク
● 梅干を思い浮かべるだけで唾液が出るのも同じ理由である。

⇒ 条件反射の法則

 




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved