脳のはたらき 反射のしくみ

私たちのからだと健康
TOP > 脳のはたらき > 反射のしくみ

運動反射 膝蓋腱反射



 

 反射のしくみ

 典型的な運動反射である膝蓋腱反射を例に取って説明すると、次のようになる。

@ 刺激が加えられる

 膝蓋腱がたたかれると、腱の付いている大腿前面の大腿四頭筋が少し引き伸ばされる。

A 受容器が興奮する

 筋肉内に数十個散在している筋紡錘といわれる受容器が興奮し、そこへきている感覚神経の末端が刺激され、そこにおこった興奮が信号となって求心性の感覚神経をつたわり脊髄前柱細胞へ送られる。
 
スポンサードリンク
B 反射中枢でUターンする

 この脊髄前柱細胞は、本来、筋肉を収縮させるはたらきをもつ運動神経細胞であるため、信号はそこでUターンして遠心性の神経線維である運動神経に伝わる。このようなはたらきをする神経細胞のある場所が反射中枢とよばれる。

C 信号は効果器へ

 信号は効果器である大腿四頭筋へつたえられ、それの収縮によって下腿が跳ね上がるわけである。

● この場合は、筋紡錘→脊髄前柱細胞→大腿四頭筋という反射弓をつくることになる。

● 膝蓋腱反射の効用
 末梢神経の外傷などで反射弓が切れると反射はあらわれなくなる。また、この反射中枢になっている脊髄前柱細胞には上部の脊髄や脳からも神経線維がきて接続しているため、脊髄や脳が病気になったり傷つくと上部からの信号に伝わり方が変化し、それで反射の表れ方も変わってくる。

 したがって、ぎゃくに反射の表れ方をみて、医師は脳や脊髄の病気や障害の診断のたすけにする。


⇒ 平衡反射

 
スポンサードリンク





 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved