脳の働き 反射

私たちのからだと健康
TOP > 脳の働き > 反射とは

刺激 反射


● 反射とは ● 反射の種類 ● 反射のしくみ ● 平衡反射
● 条件反射とは ● 条件反射の法則 ● 学習行動も条件反射

 刺激に対して意識されることなく反応が起こる“反射”

 反射は刺激に対する適応能力である。反射には意志は参加しない。反射とは、私たちの日常生活で、いつも見られる現象である。食物を口に入れると、自然に唾が出る。生まれたばかりの赤ちゃんが、教えられなくても、乳首を口に入れてやるとそれを吸って乳を飲み込む。

 眠っている時に蚊に刺されると、無意識のうちに手を動かして蚊を追い払う。これらはみな反射である。

 反射には大脳皮質は関係しない

 ふつう、目・耳・皮膚などの感覚器が刺激されると、興奮し、それが感覚神経の中を信号となって、大脳皮質へ伝えられる。この大脳皮質は物を見分け、判断をし手足を動かすような高等な働きをするが、この大脳皮質から今度は運動神経を伝わって適当な命令が筋肉に送られ、手足が目的にかなった動きをするわけである。

 ところが感覚器に刺激が与えられた時、無意識のうちに、すぐ手足の運動とか、唾液や汗の分泌が起こることがある。つまり、感覚の信号が感覚神経(知覚神経)を伝わり、大脳皮質までいかない途中で、運動神経や自律神経へ移って、筋肉や唾液線などに達し、大脳皮質の働きが加わっていないものもある。これを反射という。

● 食物を口に入れると唾が出るのは、いちいち脳からの命令によって、行われているのではない。また「新しい大脳皮質」の発達していない生まれたばかりの赤ちゃんが乳首を口に入れてやるとそれを吸い、乳を飲むことができるのを見ても、反射には大脳皮質が関係していないことが分かる。

 多くの場合、感覚神経は、脊髄や脳の中で枝を出していて、信号は同時に大脳皮質にも伝えられるため、刺激されたことは結局わかるわけであるが、反射は本来、知覚とは無関係に起こる現象であるのが特徴である。

⇒ 反射の種類
 



40〜60代の女性で
“シミ、毛穴の開き、乾燥”
お悩みの方に



マキアレイベルの新商品

シミを抑制する美白ファンデ
全体の62%に美容液成分配合
だからメイク中も潤い持続♪


マキアレイベル
【薬用クリアエステヴェール】

“美容液に色をつける”という
発想からつくりだされている本商品は、
たっぷりの美容液成分で
日中のお肌に潤いを与えつつ、
シミや毛穴を自然にカバー!

売上累計本数833万本突破の
秘密とは…

1.うす付きで自然なのに、シミ・しわ・毛穴もカバーしながら透明感のあるツヤ肌へ

2.美容成分たっぷり68種類!1日中しっとり保湿

3.SPF35 PA+++で紫外線対策&近赤外線からもお肌を守ってくれます

全5色サンプル付き】なので、自分のお肌にあった色を見つけられる

サンプルでお試し頂き、もし色があわなかった場合は【色交換・返品も可能

通常500円のところ、全国どこでも【送料無料



 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved