脳の働き 記憶

私たちのからだと健康
TOP > 脳の働き > 記憶力を良くする

記憶 反復


● 記憶とは ● 記憶力を良くする ● 記憶の作られ方

 記憶力を良くする

 反復練習をする
 記銘は、反復することによって強められる。したがって知識を覚え込むためには、反復練習する努力が必要となる。

 注意を集中すること
 子供の頃に比べて、忘れやすくなったという人がいる。これは記憶力が悪くなったのではなく、周囲が忙しく、子供の時に比べて注意を集中することができなくなったためである。ぼんやりと聞き流し、読み流したものは当然記銘のされ方も弱い。

 度々復習をすること
 一度脳に刻み込まれたものは、記憶の痕跡となり、なかなか忘れないが、時間をおいて復習することによって、さらに記銘は強化される。勉強の場合、予習よりも復習といわれるのは、この理由である。

 忘却の性質

 記憶の痕跡は残る
 記銘されたものはある期間保持されるが、そのうち忘却する。ドイツの心理学者エビングハウスの忘却曲線によると、覚えてから2日目で、66%忘れるが、後の忘れ方はゆっくりしており、1か月後でも79%の忘却にとどまっている。

● 忘れたつもりでも、なにかの拍子に、ふと思い出すことがあるのはなんらかの形で脳のどこかに記憶の痕跡が残っているからである。

 古い記憶は消されていく
 忘却の大部分は、似たような後の経験によって、前の経験の記憶痕跡が影響を受け、変わっていく作用による。新しい記憶が加わってきて、先に刻まれた記憶を混乱させると、古い記憶は消滅しやすい。これを「逆向抑制」という。

● 失恋の痛手は、新しい恋人を発見すれば、より早く癒されるし、愛児を失った親の悲しみの記憶も、新しい子供が生まれると、薄れていくことが多い。

 眠りは忘れることを防ぐ
幼児期〜12歳くらいまで
GIQ子ども能力遺伝子検査

自宅で出来て安心/国内だから安全


 物忘れを防ぐためには、記銘後なにもしなければよいわけで、そのもっともよい方法は眠ることである。事実、記銘後に眠ってしまったほうが、目を覚ましているよりも、物忘れの程度は、はるかに少ないことが、実験によって確かめられている。

● 忘れない方法としては、反復することはもちろんであるが、勉強した後で眠ることが最上である。次に遊ぶことや、種類の違うことをするのがよい。同じような勉強を休みなく何時間も続けることは、記憶の混乱を招く恐れがあるので、避けたほうがよい。

 最近の記憶ほど失われやすい
 ひどい精神的ショックや、脳しんとう、脳損傷などによる記憶喪失の場合は古い記憶は障害なく保たれているが、比較的最近の記憶が失われやすい。しかも新しい記憶ほど障害を受けやすい。このような障害を「逆向性健忘」といい、コルサコフ症状として古くから知られている。
 

⇒ 記憶の作られ方
 
CMで話題のシャワーヘッド!【豪華10大特典付きミラブル】



美容液ファンデーション売上*15*年連続No.1「神ファンデ」



 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved