脳の働き 言語能力

私たちのからだと健康
TOP > 脳の働き > 言葉は脳で作られる;言語能力

言葉の発達


● 言語能力 ● 言葉の学習 ● 利き手と利き脳

 言葉は脳で作られる;言語能力

@ 言葉の発達については多くの調査があるが、話す言葉の数をみると、1歳で5語、2歳で260語、3歳で800語、5歳で2000語というのが、平均的な目安になっている。

A 言葉を話すには、まず相手の言葉を聞き、その意味を理解し、その理解のもとに、自分が伝えようとする考えを発想し、その内容を言葉として組み立て、最後に発声器官の筋肉の働きによって、声の連鎖につくり上げる。

B 言葉は、子供の頃の練習と努力によって学習されるものであるが、その根底には、複雑微妙な脳の仕組みが働いている。言い換えると、大脳皮質の一定部位、言語野と呼ばれる領域が健全に育っていることが、言葉の学習に不可欠ともいうべき前提条件となっている。言語野の自然な発達を無視して学習させても、有害無益である。

 言語野は左脳半球にある

@ 言語野は右利きの人では、きわめてわずかな例を除いて、左脳半球にある。左利きの人でも約半数が左脳半球にあるといわれている。つまり言語活動に関しては、多くの人が「左脳きき」なのである。

A しかし、このことは成人に当てはまることであり、幼児に場合は成人ほど著しくなく、左右の両半球が平等に働く傾向が残っている。

B 言葉を習う以前、あるいは習い始めの幼児の頃に、左脳半球の言語野が病気でおかされても、他の脳の部分が健全であるならば、言葉の学習には支障はない。

 いっぱんに大脳皮質の働きは、年齢が若いほど、一部に欠損があっても、他の部分がそれを補うことができるものである。左脳半球の言語野のどこかに欠損があれば残りの言語野が代償し、それも不可能なほど欠損が広いときには、右脳半球の対応する領域が代償する。

⇒ 言葉の学習
 



0歳〜12歳のお子様

短期間で
子供の英語力を引き出したい方



たった35日で
うちの子が英語を話した!
楽天4部門1位の英会話!
<七田式>


(1)実践的な日常英会話フレーズ。
ネイティブの子供達が日常的に使うフレーズを会話形式で約700フレーズ収録。
1日7分〜。CDの音声を聞いて、その通りに口に出すだけ。

(2) 高速右脳リスニング
CDには1.5倍速と3倍速の音声も収録。
右脳を活性化させて、より効率的な英会話学習が可能。

(3)英会話文を完全記憶する『400%学習法』
1日分のレッスンを4回学習する七田式独自の『400%学習法』を使えば確実に頭に定着させることが出来る!

(4)聞いて・覚えて 楽しいストーリー
物語の中で英会話フレーズを完全記憶。
効果音・BGM付きCD、付属のイラスト集も使って子供自ら英語に夢中になる!

(5)無料7大特典付
「英語を話せない私が、子供をバイリンガルにするなんて・・・」ご安心ください。
無料の7大特典にはお子さんが自ら英語に夢中になります。



 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved