脳の働き 知識

私たちのからだと健康
TOP > 脳の働き > 知能とは何か

知能とは


 知能とは何か

@ 理解し判断する能力

 見えたもの聞こえたものが、なんであるかを理解し、判断する精神活動を知能という。知能の働きが、脳の病気や外傷で侵されると、いろいろと不都合なことが起こってくる。

 このことから逆に、知能を支えているのは大脳皮質の脳細胞の活動であるということが分かる。

● 精神薄弱

 脳の発達が悪いと、理解し判断する能力が十分に行われず、いわゆる低脳な人間となる。また老年になると、脳が軽くなるが、これは脳細胞が全体的に委縮するためで、知能がにぶり、いわゆる老人ボケの現象を示す。

● 精神盲

 脳の後頭葉に障害があると目は普通に見えるのに、花を見ても、それが花であることが分からなくなる。

● 感覚性失語症

 脳の側頭葉に障害があると、耳は聞こえるのに、声を聞いてもどんな意味なのか分からなくなり、そのために、まともな言葉が話せなくなる。

A 知能は記憶に支えられている

 バラの花を見て、それが花であり、しかも赤いバラであると分かるのは、すべて脳に刻みこまれた過去の体験と照合して、はじめて可能となる。知能が高いということは、理解力、判断力が優れているということであり、この場合、記憶力が確かであるかどうかが、重要な決め手となる。
 
認知症予防を考えている方
RE:Memory(リメモリー)


⇒ 感情とはなにか
 
CMで話題のシャワーヘッド!【豪華10大特典付きミラブル】



美容液ファンデーション売上*15*年連続No.1「神ファンデ」



 


Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved