脳のはたらき 感覚

私たちのからだと健康
TOP > 脳のはたらき > 脳の刺激と感覚

脳の刺激 感覚器



 

 脳の刺激と感覚

 
脳の刺激だけでも感覚はおきる


@ 感覚は、感覚器をとおさなくても感覚神経や脳を直接刺激すれば起こる。

A 光の感覚は、ふつうは光で網膜を刺激するときにおこるものであるが、視神経や網膜自体を電気で刺激してもおこる。

 また大脳皮質の視覚野を刺激しても、目の前が明るくなったような気がする。

● ただ、それぞれの種類の感覚器は、目なら光で、耳なら音で刺激するのが最も効率的であるような仕組みができている。目は光に対して非常に敏感であり、わずか数個の光量子が網膜にあたるだけで光の感覚を生じる。それ以外の方法ではこんな小さなエネルギーでは感覚は起こらない。
スポンサードリンク

● 感覚器は、あらゆる刺激を受け入れる性質をもっているが、自分に適した刺激には敏感であり、そうでない刺激には鈍感である。

 なぜ目のまえに見えるのか

@ 感覚には投射という性質がある。このために、じっさいは感覚は脳で起こっているのに、目の前に見えたり、外から聞こえてくるように感じる。

A 事故で腕を失った人が、ないはずの指先の痛みを感じたり、物だ触ったようだとうったえることがある。切断された傷あとの刺激が脳へつたわり、そこで起きた感覚が、かつて感覚神経や感覚器が分布していたところに投射して、そこに刺激が加わっているように感じているわけである。このことは、感覚を起こす究極の場所が脳であることを示している。

⇒ 感覚の種類
 


 
スポンサードリンク




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved