脳のはたらき 交感神経と副交感神経

私たちのからだと健康
TOP > 脳のはたらき > 交感神経と副交感神経

交感神経 副交感神経



 

 交感神経と副交感神経

 はたらき

@ 内臓の二重支配

 いっぱんに一つの器官にたいして、交感神経系・副交感神経系は、両方とも神経線維をおくって二重の神経支配をたもっている。


 しかも両神経には、絶えず中枢から命令がおくられ緊張している。中枢は末梢の感覚器からの情報を受けると、両神経の緊張をかえて、臓器のはたらきをさかんにしたり、おさえたりする。どちらかといえば、交感神経の作用は生体のはたらきをさかんにするように、副交感神経のほうはおさえるようにはたらいている。

● しかし、必ず交感神経がはたらきをさかんにし、副交感神経がはたらきをおさえるわけではない。胃や腸では交感神経は抑制的に、副交感神経は促進的にはたらく。

● あるばあいには、両者がともに、はたらきをさかんにする、唾液線は交感神経を刺激すると、こい唾液を分泌し、副交感神経を刺激すると薄い唾液を大量に分泌する。
 
スポンサードリンク
A 外部からの刺激に応じてはたらく
 目・耳・皮膚などの感覚器からの情報に応じて、外部環境の変化に適応できるように、臓器のはたきを調節する。

● 
 強い光が目に入ると、反射的に副交感神経の緊張を強め瞳孔は縮小する。暗いところでは、逆に副交感神経の緊張をゆるめ、交感神経のはたらきで瞳孔が大きくなる。この反射によって、目に入る光を調節する。

B 臓器からの情報に応じてはたらく
 からだの内部からの情報に応じて、全身の内部環境を一定に保つように、臓器のはたらきをおさえたり、さかんにしたりする。

● 
 血圧が高くなると、心臓・大動脈・頚動脈洞にある圧受容器が、情報を中枢に送る。中枢は送られてきた情報に応じて、交感神経のはたらきをおさえ、副交感神経のはたらきを強める。すると心臓の拍動数は減り、収縮力も減少する。

 いっぽう末梢の血管を収縮させていた交感神経の緊張が低下するため、血管は緊張して血圧はさがる。血圧が下がりすぎたときには、中枢は心臓のはたらきをさかんにし、血管を収縮させ、血圧を上げる。こうして血圧は一定に保たれる。

C 副交感神経が基本路線
 副交感神経は、内臓や血液の循環、体温などが普通の状態のとき、そのはたらきを調節している。したがって内臓器官の基本的な統率は副交感神経でいとなまれ、必要に応じて、はたらきを強めたり高めたりするときに、交感神経が参加する。

 乗馬にたとえると、副交感神経が手綱にあたり、交感神経がムチにあたる。手綱はゆっくり進む時も手放せない。しかし、いざというときには、ムチが必要となる。
 
● 交感神経がなくても生きていけるが、副交感神経のはたらきがなくなると健やかに生きていけない。交感神経を全部切り取ったイヌを、長く生かす実験に成功したことがあるが、きびしい現実の生活を生き抜くためには、たえず交感神経によるむちうちが必要である。
 
スポンサードリンク
● 交感神経が強くはたらくときには内臓のはたらきに影響を与えるだけでなく、ときには運動神経にまで影響を与える。「火事場の力持ち」とは、極度の緊張によって交感神経がはたらき、運動神経にまで影響を与え、筋肉に異常な力を出させたというわけである。

⇒ 情動とは
 




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved