病気の知識 耳・鼻・咽喉の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 慢性喉頭炎

のど 喉頭炎 耳 鼻



 

 慢性喉頭炎

@ 喉頭の粘膜の炎症が慢性化する病気。

A 慢性の鼻炎や副鼻腔炎、化膿性中耳炎などがあると、膿汁(うみ)が咽頭をへて喉頭に流入して慢性化しやすい。

B 喉頭から気管に入り慢性気管炎から慢性気管支炎を起こすこともある。

C 慢性喉頭炎には結核や梅毒などによって起きる結核性喉頭炎、梅毒性喉頭炎などもある。

 症状
@ 声が変わる
 共通した自覚症状は声がかれることである。
 
スポンサードリンク
・喉頭がん、反回神経麻痺、謡人結節、声帯ポリープなどの場合も声がかれる。

A 赤くはれる
 急性喉頭炎に比べると発赤の程度は少ない。はれがひどくて呼吸困難を起こすようなことはあまりない。

B 梅毒性の場合
 梅毒性の慢性喉頭炎では患部が暗赤色をしめす。

C 結核性の場合
 結核性の慢性喉頭炎では潰瘍や浮腫を起こし、ときには難い結節状(しこり)に見える。

 治療
@ 原病の治療
 炎症の原因となる鼻や耳などの病気の治療を同時に行う。梅毒や結核が原因の場合には特別の薬物療法を行なう。

A 局所の治療
 患部にアドレナリンやプロタルゴールなどの薬物を注入したり抗生物質やステロイド剤をネブライザー(噴霧療法)として吸入すると効果がある。うがいで口腔、咽頭を清浄するのも間接的効果がある。


 
スポンサードリンク
 

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved