病気の知識 耳・鼻・咽喉の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 急性咽頭炎

のど 咽頭炎 耳 鼻



 

 急性咽頭炎

@ 細菌やウイルスによって咽頭の粘膜が赤くはれ、のどが痛くなったり高い熱が出たりする病気である。

A 咽頭は鼻咽頭、口腔咽頭、喉頭咽頭に分かれている。それぞれの部位に炎症が起きる。

 原因
@ 細菌とウイルス
 以前は細菌によるものと考えられていたが、最近ではウイルスのよっても起こる場合があると考えられるようになった。

・細菌では溶血連鎖球菌による場合が多いようである。

A 気候の変化
 寒い風にあたってのどが痛くなったというようなことは誰でもが経験していることである。冷たい風がくびを冷やすとここの皮膚の自律神経を刺激して、咽頭粘膜の血管を収縮したり血液の流れを遅くしたりするため、そこの粘膜の抵抗が弱まるのでウイルスや細菌の活動が活発になって急性炎症が起きる。

B 精神的ストレス
 肉体的な原因ばかりでなく、精神的なストレスが発症の原因になることもある。

 症状
@ のどの痛みや高い熱が出ることが多い。症状が激しい場合には頭痛がしたり、食物が飲み込めなくなるほどになる。
 
スポンサードリンク
A 口腔咽頭の炎症の場合には口を開けば見ることができ、そこの粘膜が真っ赤にはれている。

B 鼻咽頭に炎症が起きた場合は鼻の後方に痛みを感じ、激しい頭痛が起きる。

C 急性鼻炎や急性扁桃炎が併発する場合が多く、また、急性喉頭炎をともなう場合もある。

 治療
@ 薬物療法
 ふつう化学療法や抗生物質療法が治療法として用いられ、次のような薬物が使用される。

・溶血連鎖球菌にはスルファミン剤やペニシリンが効果的である。しかしアレルギー体質の人は注意が必要。

・ウイルスには的確にきく抗生物質はないが、同時に活動している細菌だけでも抑えるために抗生物質を使用する。

・高熱、頭痛の激しい場合にはアスピリンのような解熱剤の併用も有効である。

・病巣にはプロタゴール液、マンドル氏液などの咽頭塗布薬を塗布する。

・口中錠を用いることのある。

A 家庭療法
 安静がもっとも大切である。しかし、次のようなことも効果がある。

・口腔を清浄にし、血液循環をよくするために1日数回のうがいをする。

・症状に応じて首に湿布をすると自覚症状が軽快する。いっぱんに熱めの温湿布がよい。

・症状が激しい場合には氷のくび巻きが効き目がある。

・急性鼻炎があるときは鼻の治療も怠ってはならない。
 
スポンサードリンク
 

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved