代謝と栄養 酵素と薬

私たちのからだと健康
TOP > 代謝と栄養 > 酵素と薬

酵素 薬



 

 酵素と薬

 ある酵素の素質によく似た化合物は、その酵素に入り込んで、本物の基質のじゃまをする。

● たとえば細菌は、パラアミノ安息香酸という化合物から葉酸というものを作り、これを使い増殖する。ところが、パラアミノ安息香酸と構造のよく似ているスルホンアミドという薬を細菌に与えると、細菌の酵素は、間違ってスルホンアミドを活性中心に取りこんで、葉酸をつくることができず、増殖がおさえられる。このように、多くの細菌感染にたいする薬は細菌の酵素作用を止めるはたらきがある。

● 同じように、べつの形のスルホンアミド剤は腎臓にある炭酸脱水酵素の作用を止める。この酵素は食塩の排出を制限しているはたらきがある。したがってその作用が止まると食塩がからだのなかからたくさん排出されるので、むくみ(組織に塩分がたまって水分を止めておくためにおこる)のある場合に、それをのぞく効果がある。

A 皮膚に塗る薬は別として、多くの薬は、なんらかの形で酵素作用を止めるものが多い。

 薬としての酵素
 
スポンサードリンク
@ 酵素を薬として用いる場合がある

 胃腸薬として売り出されているもののなかには、でんぷんやタンパク質を加水分解する酵素が含まれていることが多い。また傷口をきれいにしたり、膿を溶かしたりするためにも酵素が薬として用いられる。

A 料理用の酵素

 かたい肉を軟らかくするためにタンパク分解酵素が用いられる。熱帯の果実のパパヤからとった酵素で、比較的熱に強いもので、かなり熱い湯のなかでもきくのが特徴である。

 酵素の工業的応用

@ 酵素を応用した工業は多い。

● 酒造りは酵母のもっているアルコール発酵酵素を利用したものである。
● また多くのアミノ酸や化学調味料なども微生物の発酵を利用して作る。
● 織物ののりぬきには、でんぷん分解酵素のアミラーゼが用いられる。

A 石油を利用する微生物を使ってプラスチックの材料など石油化学的産物がたくさんできている。このような場合、微生物そのものを利用したものが多いが、からだから抽出した酵素を使っている例もある。

● 織物工業のアミラーゼなどがそれである。
 
スポンサードリンク


 




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved