代謝と栄養 ナトリウムとカリウム

私たちのからだと健康
TOP > 代謝と栄養 > ナトリウムとカリウム

ナトリウムとカリウム



 

 ナトリウムとカリウム

@ 食塩の必要量


 食塩はナトリウムの重要な給源で、1日15c以上は必要であるといわれている。

A 菜食と食塩

 肉類には食塩が多いが、野菜はナトリウムが少なくカリが多い。そのため菜食のばあいには、肉食のときよりもさらに5c程度食塩を多く取ることが必要である。

B 汗と食塩

 汗には多量の食塩が含まれている。多量の発汗のさいには、食塩の補給が必要である。

C 塩断ちとからだ

 願い事をするときに塩断ちをするのは、健康上よくない。しかし、じっさいには塩断ちといっても、味噌汁やしょうゆを使っているので、それほど食塩の不足は起こらないですんでいる。むしろ、医師に高血圧を告げられて、自己流の食養生をするような場合に危険が多い。

 ヨードと甲状腺

@ 体内のヨード


 体内には50_cほどのヨードが存在するが、その10分の1は甲状腺に含まれている。
 
スポンサードリンク
A ヨードが不足すると

 甲状腺ホルモンにはヨードが必要。不足すると甲状腺ホルモンが欠乏してからだにむくみがあらわれる。

B ヨードと飲料水

 飲料水からのヨードの摂取は、あんがい重要で、水にヨードが不足すると病気があらわれる。

 微量のミネラル

@ コバルト・亜鉛・マンガン

 これらの微量の金属は、酵素の活性中心に必要なもので、ビタミンとともに欠くことができない。

A 酵素のはたらきを助ける

 酵素はからだの化学反応を促進するもので、その反応は酵素タンパク質に反応をおこす化合物(基質)が吸着することによって起きる。反応のおきる場所は、酵素タンパク質の中のほんの一部であるが、そこには、コバルト・亜鉛・マンガンなどの金属が入って、基質が入りこめるようなかぎ穴をつくる。

B ビタミンとともに補給する

 微量のミネラルは酵素のはたらきを助けるものがあるから、ビタミンだけの補給よりも、これらのミネラルを同時に与えることが望ましい。そのために、ビタミン剤などにもミネラルが入っている。

 むし歯とフッ素

@ フッ素の欠乏

 歯のエナメル質にはフッ素が、0.01%ほど含まれている。フッ素が欠乏すると虫歯が多くなるので、上水道にわざわざフッ素を入れている都市もあった。

A 過剰のフッ素は有害

 フッ素の欠乏は虫歯をおこすが、過剰になっても歯に有害で、斑状歯という斑点を歯の表面につくる。
 
スポンサードリンク

 




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved