体質と適応 体質とは

私たちのからだと健康
TOP > 体質と適応 > 体質とは

体質 遺伝と環境



 

 体質とは

@ 体質は三要素で構成される

 体質とは、個人のもつあらゆる性状の総和で、次のように形態的・機能的・性格的特徴を合わせたものである。

● 形態的特徴
 どのような体格で、どのように発育しているか。(形質)

● 反応機能上の特徴
 刺激に対してどのように反応するか。(素質)

● 心的現象上の特徴
 気持ちや感情がどのように動き、あらわれるか。(気質)

A 形質・素質・気質のからまりあい

 体質は、たんに三要素を合わせたものではなく、からだの内部において、これらの三要素がたがいにからまりあい一つのまとまりとしてあらわれたもので、いいかえれば、人間の形態上および、心身両面での機能上の個人差である。

 体質は遺伝と環境の影響

@ 体質と遺伝
スポンサードリンク

 身体の構成は、卵と精子の受胎の瞬間から開始され、その方向は運命づけられる。したがって、体質については、遺伝によって受け継いだ特性が占める意義は大きい。

● 体質学者のうちには、先天的遺伝的なものだけを体質とみなす人もいる。

A 環境の影響

 体質に占める遺伝の意義は大きいが、受胎後ひとりの人間として生まれ、現在の状態にまで成長するあいだにうけるいろいろの生活条件、つまり環境の影響も大きな因子となっていることも確かである。

 体質の正常と異常

@ 正常な体質


 体質は、一定の刺激にたいしてその個体が、もっとも繰り返してあらわしやすい癖と考えられる。したがって、もっとも正常な体質の人は、その人の反応の癖が、もっとも多くの人々のあいだに共通に起こってくるようなものをもつということになる。

● すべての人は、それぞれその人に、強くあらわれがちな癖をもっている。

A 異常な体質

 その人の癖が、万人共通の平均値から、かなり離れたものをもっているとすると、これを客観的に観察した場合には、ふつうに考えられるものとは縁遠い印象を受ける。異常な体質とは、このように平均値的な反応から離れた反応をしめす体質にたいしてよばれているものである。
 
スポンサードリンク
 




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved