病気の知識 皮膚の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > その他の湿疹および類症

皮膚病 あせも



 

 その他の湿疹および類症

病名 どんな病気か 症状
あせも(汗疹) ・汗口がつまって、汗腺でつくられた汗が体外に排出されないために皮膚に湿疹様の発疹があらわれてくるものである。
・夏の蒸し暑い日などに、肥満した人や乳幼児に多くみられる。
・皮膚が発赤し、小丘疹が無数にあらわれ、かゆみが強い。
・汗の蒸発がさまたげられやすい部位(頚部・腋窩・陰部・乳房など)に好んで発生する。
 治療
・頻繁に汗をぬぐって「汗知らず」のような粉剤を散布する。
・汗の分泌と蒸発を促すために冷房や通風に心がける。
・入浴などにより、からだの清潔を保つことが大切である。
あせものより(多発性汗腺膿瘍) ・「あせも」が化膿したもので、化膿菌が汗腺に侵入して膿瘍をつくる。
・成人の場合、発生部位は腋窩・外陰部・臍部にみられるが、乳幼児では頭部を中心にして全身におよぶことがある。
・「あせも」の皮膚に豆粒くらいのかたいかたまりができる。
・乳幼児の場合、高度になると大小の膿瘍が全身におよんで、安眠がさまたげられ、神経質になって食欲も低下する。
・治癒後、瘢痕が残ることもある。
 治療
・治癒後の瘢痕を残さないためにも、早期加療が望まれる。
・膿瘍に対しては軟膏を塗布するが、化膿菌を殺す抗生物質の投与が必要である。
・頭髪は短く刈って、汗の発散をうながすようにする。
いんきんたむし ・「かび」の類が陰部に寄生して発病する。したがって、この病気は「みずむし」の類に属する。
・陰部は不潔になりやすく、乾燥しにくいために「カビ」類が繁殖しやすい。
・陰部に強いかゆみをともなう発赤があらわれる。
・ときには、上腿の皮膚にも赤い発疹をみとめる。
・陰嚢にかゆい病状があるとき、多くは湿疹と考えられる。
 治療
・局所の清潔が第一。入浴時の石鹸の使用はさしつかえない。
・抗白癬剤を含んだ油脂性の軟膏を塗布する。
・下着類は汗の吸収と通気性の良い木綿のものを用いる。
貨幣状湿疹 ・細菌によるものもあると考えられており、四肢に多く発生する。
・多くは円形の病巣を生ずることから、この病名がある。
・冬季に発生しやすい。
・四肢のなかでも、主として下肢に丘疹、小水疱が集まって円形の病巣があらわれる。
・ただれて湿潤する傾向があり、かさぶたになることもある。
 治療
・湿疹として治療するが、消炎療法のほかに抗菌療法を併用すると効果が早い。
・サルファ剤の内用も応用される。
・入浴のさいに洗い過ぎないこと。
湯かぶれ ・酸性度の強い硫黄泉に入った場合に、とくに起こりやすい。
・このかぶれはアレルギーによるのでなく、湯の直接刺激によるものと考えられる。
・全身の皮膚が赤くなった場合には、生命に危険がおよぶ。
 治療
・入浴を禁止して、軟膏の塗布を行なう。
・皮膚病を温泉でなおそうとする場合は、ことに湯かぶれを起こしやすいから注意する。
昆虫によるかぶれ ・毛虫・毒ガなどの昆虫の体液が皮膚に付着して起こる。
・このかぶれもアレルギーによるのでなく、昆虫の体液の直接刺激によるものである。
・皮膚に赤い発疹があらわれ、灼熱感をともなう。
・アオバアリガタハネカクシの体液で起こる炎症は、とくに線状皮膚炎と呼ばれる。
 治療
・体液にふれた場合は、ただちに石鹸でよく洗っておく。
・灼熱感をのぞく方法としては、3%ホウ酸水または氷嚢による局所の冷湿布を行なう。

スポンサードリンク




 
スポンサードリンク




スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved