病気の知識 皮膚の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 皮膚結核

皮膚 皮膚結核 結核疹



 

 皮膚結核

 全身病である結核が皮膚にあらわれたもので、次の三型に区別される。

@ 外部から結核菌が侵入して、その局所に病気を起こす場合。

A 肺結核その他の病巣から結核菌が皮膚に到達して、病気を起こす場合。

B 皮膚そのほかの部位の結核のアレルギー変化として、皮膚に病変を生じる場合(結核疹という)。

 病型・病状
 <皮膚疣状結核>
@ いぼ状の高まりが多数集まり、しだいに広がるが、決して破れない。

A 自覚症状はほとんどなく、いっぱんに幼青年に多い。

B ひざに多発する。四肢の露出部を転んですりむいたとき、そこに結核菌を含んだ“短”があったりすると摂取される。

・屍毒結核 ― 人や動物の死体を扱う人に、同じような症状があらわれる場合である。

 <皮膚腺病>
@ 皮膚はまた皮下にかたまりを生じ、表面が蒼紅色になる。あながあいて、うすい血液のまじったうみが出る。

・さらに進むと潰瘍になるが、辺縁はやわらかく、無痛性である。
 
スポンサードリンク
A るいれきのとき、その病変が皮膚におよぶ場合がもっとも多い。頚部に多発するほか、肋骨・ひじ・ひざ・腰部にも生じる。

 <尋常狼瘡(じんじょうろうそう)>
@ 顔面、ことに鼻に小さい結節を作り、ついで潰瘍になる。治癒後にみにくい傷あとを残す。

A 顔面のほか、くび・四肢・殿部にみられ、青少年の女子に多発する。

・代表的な皮膚結核であるが、わが国では最近いちじるしく減少した。

 <結核疹>
@ 左右対側性に多くの発疹を生じる。この発疹は比較的長く存在し、再発しやすい。発熱はないのがふつう。

A 内臓・リンパ腺・皮膚などの結核に付随して発生するが、病型によって発生部位が一定している。

・病型の種類は実に多い。

B いっぱんに青年期に多発し、ツベルクリン反応は多くは陽性である。

 治療
@ 肺結核の治療に準じて行う。栄養を高める食事の摂取につとめ、塩分を制限する。

A 局所にはヨードホルムガーゼまたはストレプトマイシンなどの抗結核剤を粉末のままか、軟膏に混ぜて塗布する。

B 紫外線・X線・ラジウムなどを応用することもある。

 家庭での注意
@ 健康人が潰瘍面に直接触れることはさける。ことに小児には触れさせてはならない。
 
スポンサードリンク
A 皮膚結核患者の多くは、ほかに結核をもつことがあるので、じゅうぶんな検査が必要である。
・皮膚結核がなおると、肺の病変が悪化することがある。

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved