病気の知識 皮膚の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > とびひ=膿痂疹

皮膚 とびひ 膿痂疹



 

 とびひ=膿痂疹

 ブドウ球菌や連鎖球菌が感染して、表皮に化膿性変化を起こしたものである。感染菌によって症状や経過のようすに違いがある。

 <ブドウ球菌性膿痂疹>
 ブドウ球菌によって表皮に化膿性変化を起こしたものである。夏季に幼少児に多い。水泡の分泌物がつくと続発し、他人にも伝染するのでとびひと呼ばれる。

 症状
@ 顔面をはじめ、全身いたるところの皮膚に、エンドウ大の水疱が続発する。
・水泡は、ときに貨幣大から鶏卵大にもなることがある。

A 水泡は破れやすく、かゆみがあり、破れるとびらん面(ただれ)をつくるが、水疱やびらん面のまわりの炎症は少ない。

・新生児に大きな水疱をつくるものは新生児急性天疱症と呼ばれるが、予後は一般に良好である。
・ブドウ球菌性膿痂疹が抵抗力の弱い新生児に起こると、全身状態がおかされて、しばしば重症となる。

 治療 
スポンサードリンク
@ 水泡やびらん面についている表皮の断片をのぞいて、抗生物質や抗菌物質を含んだ軟膏をガーゼに伸ばしてはり、包帯する。

A 病勢の激しいものには抗生物質の内服を行なう。
・ふつうには入院の必要はない。

B ほかの部位に分泌物を接触させないように注意する。

C 予防として、皮膚や衣類の清潔に心がけ、とくに夏季には入浴・行水をひんぱんに行う。

 <連鎖球菌性膿痂疹>
 連鎖球菌によって表皮に化膿性変化を起こしたものである。季節や年齢に関係なく罹患する。

 症状
@ 顔面や手足などのように衣類から露出している部位に、中央にうみをもった小さい紅斑や丘疹があらわれることではじまり、やがて黄褐色の汚いかさぶたをつくって、しだいに広がっていく。

A 局所にはかゆみがあって、かさぶたのまわりの炎症が強い。

B ふつう1週間〜10日くらいでなおるが、うみがつくと広がる。他人にも伝染する。

 治療
 ブドウ球菌性膿痂疹の場合と同じである。
・腎炎を併発することがあるので注意し、早期治療に心がける。
 
スポンサードリンク
 

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved