病気の知識 皮膚の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > せつ・毛嚢炎

皮膚 せつ 毛嚢炎



 

 せつ・毛嚢炎

 おもにブドウ球菌が毛穴(毛嚢)に感染して起こる。

@ 毛嚢炎 ― 毛穴に一致して、浅い膿疱を形成するものである。

A せつ ― 毛嚢炎にみられる変化が深くおよんで、真皮の炎症がさらに激しいものである。

・以下では、おもに“せつ”について述べることにする。

 症状
@ 毛穴に一致して赤い丘疹があらわれ、しだいに赤くはれ上がって、中心が化膿する。痛みが激しい。
 
スポンサードリンク
A 化膿が進むと、その中心から膿のかたまり(膿栓)が膿汁と一緒に排出される。
・排膿すると痛みやはれがひき、傷あと(瘢痕)を残してなおる。

 <注意>
・“せつ”は発生部位や大きさの程度によって、発熱・悪寒などの全身症状を示す。
・顔に発生したものは面ちょうといい、他の部位の場合より重症である。
・“せつ”が同時に多く発生したり、長期間に続発するものはせつ腫症といい糖尿病などの全身病の時に起こりやすい。

 合併症
 リンパ管炎・リンパ節炎・蜂窩織炎を起こすことがある。

 治療
@ 局所の安静に注意し、圧迫したり、ぶつけたり、さわったりしないようにする。
・面ちょうの場合には、笑ったり、話したり、かたい食物を食べたりしないように心がける。

A 局所には抗菌物質や抗生物質を含む軟膏を塗布し、その上から湿布を行なう。赤外線や超短波の照射も有効である。

B 全身的には抗生物質の内服を行なうが、特に再発性のものにはブドウ球菌トキソイド注射を行なう。

C “せつ”の切開はじゅうぶん化膿してから行なうべきで、膿を無理に押し出すのは良くない。

D 糖尿病などの全身病があれば治療する。ことに再発性のものでは注意が必要である。
 
スポンサードリンク
 

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved