病気の知識 皮膚の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 皮膚がん

皮膚病 皮膚がん



 

 皮膚がん

@ 皮膚のがんには3種類ある
 皮膚のがん(悪性腫瘍)には、がん腫・肉腫・悪性黒色腫(メラノーム)の3種類がある。数の上からはがん腫が圧倒的に多く、他の2種は比較的少ない。

・がん腫 ― 表皮・毛嚢脂腺・汗腺などにあるような上皮性細胞からできる。

・肉腫 ― 真皮にあるような結合組織や血管系の細胞からできる。

・悪性黒色腫 ― メラノサイト(メラニンという色素をつくる細胞)や神経母斑細胞からできる。

A 死亡数は少ない
 皮膚は外から見えるので早期治療が多いことと、皮膚がんの大多数は正しく治療すればなおることによって、罹患者は多いにもかかわらず、死亡する人は少ない。

 原因
@ 外部からの刺激
 皮膚がんの原因のうちでは、日光の紫外線がかなり重要な位置を占めている。火傷のあとや、X線を多量にかけて変化した皮膚などにがんができることもある。
 
スポンサードリンク
・皮膚がんは顔に多くできる。その大きな理由は、日光の刺激を多く受けるためであるとされている。

A がん前駆症
 皮膚がんは一見健康な皮膚にできることもあるが、しばしばがん一歩手前の状態、つまりがん前駆症(前がん状態)が生じ、それががんに変化することもある。

 症状
@ がん腫
 かたい、いぼのようなもので始まる。がん腫にもいろいろな種類があるが、その一つは、比較的速やかに凹凸不平のこぶを作るか、あるいはがん組織がくずれて深い潰瘍を作る。第二のものは進行が比較的ゆるやかで、ふちが堤防上に高まり、その中心が瘢痕となるか、あまり深くない潰瘍になる。

A 肉腫
 多くの場合、赤みのある皮膚面から盛り上がった小さなかたまりとして始まり、しだいにこぶのようになる。

B 悪性黒色腫
 ほくろのように黒いあるいはもっと色の薄いものとして始まり、しだいに高まりを増す。

C 前がん状態からがんができる場合
 一般に、長いあいだあまりかかわりのなかった病変部に、高まりができたり、潰瘍ができたりする。

D 母斑細胞母斑(黒あざ)から悪性黒色腫の出来る場合
 今まで大きさの変わらなったものが、大きさや高まりをましてくる。

E 瘢痕からがんができる場合
 ふつう瘢痕の上に潰瘍ができてくる。

 診断
@ 経験を積んだ皮膚科医がみれば、特別の検査をしなくても、正しく診断できることが多い。しかし慎重を期すためには、組織を切り取って顕微鏡で確かめることを必要とする。

A がんの種類によっては、その一部を切り取ることが動機となって転移を起こすことがある。そのようなときは、次のような検査が行なわれる。

・がん全体をじゅうぶんにひろく切り取り、それを顕微鏡で調べる。
・放射線をじゅうぶんに照射して病勢を押えておき、がんの一部を切り取って顕微鏡で検査する。
 
スポンサードリンク
 予防
@ 古い瘢痕に潰瘍ができてきた場合は、すみやかに手術することによって、瘢痕がんが防げる。

A 放射線がんは、放射線障害を受けた皮膚を切除することによって防げる。

B 紫外線の強烈な照射を受けすぎない注意も、がんの予防には有効である。

C がん前駆症や、刺激を受けやすい部位に出来た母斑細胞母斑を放置しないことも大切である。

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved