病気の知識 皮膚の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 薬疹

皮膚病 薬疹



 

 薬疹

 どんな病気か
@ 薬剤の内服とか注射によってあらわれる発疹を薬疹という。

・内服・注射のほか、吸入・坐薬などで起こることもある。
・外用薬(軟膏など)の塗布などで起こる「かぶれ」は薬疹とは言わない。

A 薬疹の原因となる薬剤は、ピリン系のものがいちばん多い。ほかに抗生物質・睡眠剤・降圧剤などもしばしば原因となる。

 薬疹はどうして起こるか
@ 薬の毒作用による
 いっぱんに、必要以上の薬剤を服用した場合、薬の毒作用による中毒として薬疹が出る。薬を大量に飲んだときあらわれるとは限らず、少量でも発疹する。

A アレルギー作用による
 薬疹の多くはアレルギー作用によって発疹する。体質の違いで発疹する人としない人とがある。また、薬の化学構造式と薬疹の発生とは深い関係があり、わずかな構造式の相違で薬疹を起こさないことがある。

 症状
@ 一定の所見はない
 湿疹型・じんましん型・紅斑型・紫斑型・水疱型などさまざまである。かゆみも強弱があって一定しない。

・特徴のないさまざまな発疹の形が薬疹の特徴であるともいえる。

A 全身症状もさまざま
 軽症例では、わずかにかゆみを感じる皮膚の程度で経過するが、重症例では、発熱をともない、急性伝染病のような症状をしめす場合もある。
スポンサードリンク

・もっとも重いものはショックで、ペニシリンショックで一命を失うなどはその好例である。

 固定薬疹
 症状
@ アンチピリン系の鎮痛解熱剤を内服あるいは注射して間もなく、ほぼ円形の赤い皮疹があらわれ、かゆい。口唇部、陰部、肛門の周りなどに発生しやすい。

A 薬の内服あるいは注射を中断すれば間もなく、わずかに淡い色素沈着を残してなおる。

B 数日あるいは年余を経過後、ふたたび同じ薬を内服あるいは注射すると数時間以内に前回と同じ部位に発疹し、赤くはれてかゆみをともなう。

・この発赤も2〜3日でなおるが、色は前回より濃厚となり紫色をおびる。

C 繰り返し薬剤を用いると水疱があらわれ、さらに連用すれば円形の発疹は拡大して水疱も大きくなる。薬の内服を休止すれば、発赤が消えて紫黒色の色素沈着を残す。水泡のあとは白い色素脱失がみられ、なかなか消えない。

 <紅皮症様薬疹>
 全身が発赤し、かゆみと発熱のある状態は紅皮症性薬疹と考えられる。

 <粘膜・皮膚・眼症候群様薬疹>
 発熱・悪寒などの全身症状をともなって、結膜炎・口唇炎・口内炎などの症状がみられ、同じような変化(発赤・腫脹・びらん面など)が外陰部にもあらわれる。

 <中毒性表皮水疱症様薬疹>
 ほとんど全身に発赤があり、発熱がある。広範囲の表皮がはがれて赤はだの状態になる。小範囲のものは、ちょうど水疱膜がはがれた形をとる。
 
スポンサードリンク
 原因
@ 以上の三つは、薬疹のなかでも特に重篤な症状をしめす型である。原因となる薬剤は一定しない。

A いっぱんに、アンチピリン系の薬剤が原因となる場合が多い。

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved