季節と健康

私たちのからだと健康
TOP > 季節と健康

気象と生理



 

 季節と健康

 ● 気象と生理、寒暑と健康 ● 雨、雪と健康 ● 気象と病気 ● 春の健康 ● 春の健康管理
 ● 木の芽どきの生理 ● 夏の健康 ● 真夏の生理 ● 夏の健康管理 ● 秋の健康 ● 秋の病気
 ● 冬の健康 ● 冬の栄養管理

<気象と健康>

 気象と生理の関係

@ 人体の内部の状態


 人体の内部は血液、リンパ液などの体液で満たされている。この体液を「内部環境」といい、人体の細胞は魚が水中で生活するように体液のなかで活動している。そして、この内部環境は、皮膚や粘膜によって外部とへだてられ、細胞が正常な活動をいとなむのに都合のよい状態にたもたれている。

A 人体の外部の状態

 細胞が体液のなかで活動しているように、人体は空気のなかに生き、空気を呼吸している。この空気を人体の外部環境という。


 外部環境つまり空気の状態は、気温・湿度・気圧・風・雨量。晴曇などの気象条件によって、つねに変動している。

B 人体の外部の変化と内部の反応
 
スポンサードリンク
 外部環境つまり気象の変動が人体に影響して内部環境の状態が変わると、細胞の活動がさまたげられ、病気がおこる。そこで、身体は内部環境を一定の状態にたもつために、ホルモンのはたらきによって、気象の変動に応じた生理作用をとるのである。

 




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved