季節と健康 気象と病気

私たちのからだと健康
TOP > 季節と健康 > 気象と病気

気象 病気



 

 気象と病気

 気象は病気にどう関係するか

@ 気象病とはどんなものか

 生理は気象とともに変化しているから、どの病気でも多少は気象に影響される。しかし、いっぱんに気象病というのは、気象の影響が比較的はっきりしているものをいい、次のように分けられる。

 季節病
 季節によって増減する病気。冬の感冒・しもやけ・夏の胃腸病・夏季熱など。

 気候病
 特有の気候(風土)のためにおこる病気。熱帯地方のデング熱、マラリアや北国のクル病など。

 天気病
 その日の天気ぐあいで病状の変わる病気。天気が悪くなると痛むリウマチや、急に寒くなると悪化する心臓病・高血圧など。
 
スポンサードリンク
 しかし、リウマチや心臓病は冬に悪化するから季節病でもあり、寒地で悪化し暖地では軽快するから気候病ともいえる。このように気象病の三つの分類は、一応の目安と考えてよい。

A 気象に影響される病気

 寒さに関係のある病気
 リウマチ・古傷の痛み・神経痛・腰痛・坐骨神経痛・慢性関節炎・高血圧症・狭心症・脳卒中・感冒・気管支炎・肺炎・顔面神経麻痺・胃潰瘍の痛み・しもやけ。

 暑さに関係のある病気
 胃腸障害・胃腸の伝染病・夏季熱・小児下痢症・夏やせ。

 寒暑の変動に関係のある病気
 高血圧症・狭心症・心筋梗塞・脳卒中・脳軟化症・胆石や腎臓結石の痛み・感冒・急性緑内障の発作・てんかん・ぜんそく・じんましん。

 湿度に関係のある病気
 リウマチ・古傷の痛み・神経痛・腰痛・坐骨神経痛・慢性関節炎・感冒・気管支炎・肺炎。
 
スポンサードリンク

 




 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved