病気の知識 耳・鼻・咽喉の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 鼻アレルギー

耳 鼻 鼻アレルギー のど



 

 鼻アレルギー

 空気と一緒に鼻内に入ってくる抗原(体になじまないもの)を鼻粘膜でとらえ体内への侵入をふせぐため抗体というものがからだのなかにできる。この抗体と抗原が反応するとヒスタミンやそのほかの毒物ができ、これが鼻粘膜を刺激して症状を起こす。この病気が鼻アレルギーである。鼻のぜんそくと考えればよい。

 原因
@ 抗原にはいろいろあるが、日本の鼻アレルギーの約70%以上は家の中の塵埃である。

A 犬や猫の毛、毛布、花粉なども抗原となりうる。

・犬、猫を飼いはじめて鼻アレルギーになったり、ある植物の花の咲くころになると症状があらわれたりすることもある。

B 現在小児ぜんそくも鼻と同じアレルギー性の病気であると考えられている。ぜんそくの人には鼻アレルギーが、鼻アレルギーの人にはぜんそくが合併していることも少なくない。

C 工場や自動車の排気ガスなどで空気が汚れ、そのためぜんそくやアレルギーに似た病気が多くなりつつある。しかし、これらの病気を調べて見てもアレルギーであるという証明ははっきりしない。

 症状
@ くしゃみが突然起こり、水っぱなが出はじめる。同時に鼻づまりがおこる。
 
スポンサードリンク
A かぜの引き始めのような症状であるが、いちどなおったようになってもすぐまた再発する。

B 一度くしゃみが出はじめると、3回以上連発するのがふつうである。

 原因の発見
@ 抗原を発見するために患者の話を聞き、可能性のある抗原から作った薬を使い、ツベリクリン反応のような皮膚テストして、抗原の発見を行なう。

A 鼻内を調べたり水っぱなを顕微鏡で検査して、アレルギーであることを確かめる。

B 実際に抗原と思われるものを鼻の中に入れて、症状がおこるかどうかを試してみる。

 治療
 抗原が発見された場合にはそれに近寄らないことが第一である。しかし実際には不可能であるため、次のような治療が考えられる。

@ 減感作療法
 発見した抗原の抽出物を量を増しながら注射していると、体内に抗原と結合して抗原と抗体が結合するのをじゃまするものができる。これを減感作療法と呼んでいる。

A 薬物療法
 抗ヒスタミン剤や副腎皮脂ホルモン剤などの内服薬がある。しかし効果が長続きしない上に副作用があるので使用には注意する。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved