鼻中隔湾曲症とは

私たちのからだと健康
TOP > 鼻の病気 > 鼻中隔湾曲症

鼻中隔湾曲症 症状


 鼻の病気;鼻中隔湾曲症

 鼻中隔は鼻腔を真ん中で右と左の二つの部屋に分けている、襖(ふすま)のようなものである。この襖のような鼻中隔の湾曲がふつうより強いと起きる病気である。

 脳が発達して重くなった人間では、その重みのため、まるでかもいが下がって襖の寸法が合わなくなり、曲がって入ってしまったような形になっている。したがって、脳の発達の悪い動物にはこの湾曲はない。

 鼻中隔の湾曲は外傷による場合もあるが、多くは先天的なものである。

 日本人でこの湾曲のあるものは軽度の病的でない物を含めると成人で80〜90%であり欧米なみである。特に鼻の高い人に多く、ひどい人では外鼻の線が曲がっている事もある。

 症状
 湾曲の程度が強かったり、鼻腔に炎症のような変化が起きたりすると症状が表れてくる。

 鼻閉が起きる
 曲がった側の鼻腔は狭くなるので、空気の通りが悪くなり鼻づまりが起きる。

 出血や頭痛が起きる
 狭いところを空気が無理やり通るため炎症を起こしたり粘膜を傷つけて、出血しやすくする。ときには頭痛が起きることもある。

 肥厚性鼻炎が起きる
 湾曲していない側の広い鼻腔に、多量の空気が一時に押し寄せて粘膜を刺激し、肥厚性鼻炎を起こすこともある。

 治療
 先天的に中隔の骨や軟骨が曲がっているので、治療法は手術以外ない。

 手術は耳鼻科のうちでは小手術の部類である。慣れた医師なら20〜30分で済む。

 入院しないで手術できる。しかし手術後出血したり化膿したりすることがあるから、2〜3日入院することが望ましい。

 仰向けに寝て鼻を冷やし、医師の指示で化膿止め、止血剤を服用する。

 鼻の中のガーゼも1〜3日で取れ、1週間くらいでふつうの生活の戻ることができる。
 



鼻炎・花粉症・イビキの悩みに
【えぞ式 すーすー茶】



28年間悩み続けてきた鼻づまり、
止まらない鼻水、
そんなグズグズ・ズルズルの
悩みに対策できる
お茶が登場!

 鼻炎・花粉の対策と言えば、
乾き目、涙目、そして
強烈な睡魔に襲われる対策しか
ありませんでしたが、
たった1杯のお茶
効果を実感する事ができる、
そんなスッキリ爽快なお茶
できました!

こちらのお茶は
アレルギー性鼻炎、花粉などにより
「鼻水が止まらなくて困ってる!」
「鼻呼吸が出来ないくらい
鼻づまりが苦しい!」
そんなお悩みに
副作用なく対策する
ノンカフェインの健康茶です!!


また、このお茶は
【イビキの対策】にも効果があるため、
「鼻炎ではないけど家族のイビキ対策に…」と購入される方が多数いらっしゃいます。(無自覚の鼻づまりを対策することでイビキの対策に繋がります)

しかも従来のイビキ対策は
「鼻や口に器具を装着」等、
不愉快だったり寝ている間に
器具が外れて
結局うるさかったり
なかなか継続できませんでした。

それが毎日
このお茶を飲むだけで済むため、
かなり売れています。




Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved