病気の知識 耳・鼻・咽喉の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 慢性鼻炎

耳 鼻 鼻炎 のど



 

 慢性鼻炎

 急性鼻炎を繰り返しているうちにしだいになおりにくくなり症状が持続するようになる。これが慢性鼻炎である。ふつう両側の鼻に起こり、鼻以外の全身障害は非常に軽い。

@ 男性に多い
 年齢、性別に関係なくだれでもかかるが、とくに男性に多くあらわれる。

A 都会に多い
 田舎より都会に多い。日常の生活がチリや化学的刺激物質をふくんだ、汚れた空気の中で営まれているためである。

 原因
@ 鼻腔の換気や分泌物の排泄を阻害するアデノイドなどの放置。

A 副鼻腔炎や鼻中隔湾曲症などの放置。

B 職業的環境がこの病気を起こしやすくしている場合も多い。

 症状
@ 鼻づまり
 おもな症状は鼻づまりである。昼間はあまり感じないが夜、寝床につくと、下側の鼻が完全に詰まってしまう。
 
スポンサードリンク
・また大気中では完全に詰まることはないが、締め切った室内や車内のにごった空気中に入るとたちまち鼻づまりを起こす。
・鼻づまりが一時的で、左右交代で起こるのは鼻粘膜の充血性のはれが原因でおこる。

A 正常に近い鼻汁
 水様か粘液・漿液性で、膿性のものではない。ふつうの人より、鼻汁が多少増加する程度。

B 嗅覚の障害
 鼻づまりがあるために吸気がさまたげられ、においが分からなくなる。

C 鼻声
 音声も鼻がつまるために鼻声になっていることが多い。

D かぜにかかりやすい
 かぜにかかりやすくなり、かかるとすぐに急性鼻炎を起こす。これをしばしば繰り返すことになる。

 治療
@ 原因疾患の治療
 この病気と、この病気を起こす原因疾患を専門医によって完全に治療することがもっとも大切である。

A 禁酒禁煙
 喫煙はとくに節するか、禁止するほうがよい。また飲酒にも節制が必要である。

B 鼻腔の清潔
 鼻腔を清潔にすることも大切である。また新鮮な空気の中で全身を鍛錬し、できるだけからだに抵抗力をつけてかぜにかからないようにする。
 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved