生活習慣 手を洗う

私たちのからだと健康
TOP > 生活習慣;手を洗う

生活習慣 手洗い


 生活習慣;手を洗う

 ● 顔を洗う、目を洗う ● 歯を磨く、うがい ● 排便 ● 便秘・下痢
 ● 排尿 ● 日光浴  ● 紫外線の益・害 ● 温浴
 ● 入浴のしかた ● 冷浴 ● 温泉 ● 温泉療法の注意
 ● 温泉の種類とその効果 ● 睡眠 ● 眠りの基本的条件
 ● いびき・昼寝 ● 寝汗、寝相

 <手を洗う>

 手の汚れ

 どこで汚れるか
 トイレの扉のハンドル、電車のつり輪、おむつの取り換えなど、手は日常生活のいたるところで汚れる。なかでも、用便の後の手指はもっとも不潔である。

 安心できない汚れの程度
 仕事中の人の手からも大腸菌は検出される。これは農夫、学童に目だって多いが、食品関係業務の従事者の手も、決して清潔ではない。

 ばい菌は手から口へ
 手についた細菌は、食器や食品に付いて口に入る。ことに気温、湿度の高い時は、食品に付いた細菌は急激に増えて、食中毒や、消化器系伝染病の濃厚感染を起こす危険がある。


 手洗い、手拭きの注意

 いつ洗うか
 少なくとも、調理・食事の前・用便・洗濯・外出の後には必ず手洗いが必要である。

 流水、温水が効果的
 流水は汲み置き水より、温水は冷水よりも洗浄力が強い。また、石鹸は常に使用したいものである。

 爪を切る
 爪を切らないと汚れがたまりやすく、溜まった汚れは落ちにくい。

 手拭きは清潔の盲点
 手洗いの後、汚れた手拭きを使うと手洗いの効果はほとんど失われる。

 手拭きは乾燥させて
 湿気をおびた手拭きには細菌が繁殖しやすい。洗濯した手拭きは、日光やアイロンの熱で完全に乾燥させて使用する。

 汚れの少ない手拭き
 手拭きは次のような順序で汚れが少ない。

 日光乾燥したもの
 紫外線の殺菌作用で汚れは最も少ない。

 熱風乾燥したもの
 大腸菌はほぼ陰性になる。調理従事者や家庭に病人の出た場合、日光乾燥できないときは、熱風乾燥したものを使う。

 紙ナプキン
 アルコール10%、逆性石鹸1%を染み込ませたもの。これで丁寧に拭くと大腸菌はほぼ陰性になる。

 おしぼり
 熱湯を通したおしぼりは効果的。しかし、洗い方や熱湯消毒がが不十分なことが多い。

 ハンカチ
 手を拭いた後ポケットに入れておくので、湿気と体温で大腸菌などの細菌が繁殖する。




白イチゴを使った洗顔石鹸
ichi-pori練り生石鹸


宮城県産白イチゴ濃縮配合


肌を明るくする「エラグ酸」が豊富なイチゴポリフェノールを濃縮配合!
シミの元となる「メラニン」を抑制する働きの特許を取得

「洗っても消えない泡」で毛穴の汚れだけでなく、表面のクスミもスッキリ洗い落とします!
イチゴポリフェノールで、保形性が向上する特許も取得

鉱物油 石油系界面活性剤 着色料 パラペン 無添加


このようなお声を頂いております
「洗うたび、薄皮を剥がすように明るく!46歳・自営」
「毛穴までスッキリ明るくなりました!38歳・会社員」
「目元のシミが薄くなってきました!会計士・62歳」


人気の秘密は「イチゴポリフェノール」

ポリフェノールには
それぞれに特徴があり、
イチゴポリフェノールは、
肌を明るくする「エラグ酸」という
希少成分を豊富に含み、
金沢大学との共同研究
特許(メラニン抑制)を取得している、
美肌に特化したポリフェノールです!



 
 

Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved