甲状腺ホルモン

私たちのからだと健康
TOP > ホルモン > 甲状腺ホルモン

甲状腺とは


 甲状腺ホルモン

 甲状腺とは

 甲状腺は喉頭の下、器官にそっている蝶形の内分泌腺である。これが腫れると、首の部分にその輪郭がうかがわれる。甲状腺からは、サイロキシンとよばれるホルモンが分泌される。これは発育、成長や、物質代謝を促進する。

 甲状腺ホルモンとヨード

 ヨードがないと甲状腺ホルモンは作られない
 甲状腺ホルモンは、ヨードと、チロジンと呼ばれるアミノ酸から作られる。食事によって取り入れたヨードの大部分は甲状腺に蓄えられ、甲状腺ホルモンの形成に利用される。したがって、甲状腺の働きが円滑に行なわれるためには、ヨードが絶対に必要である。

 成長期、思春期にはヨードの摂取を十分に
 甲状腺ホルモンの必要性が増し、その消費が高まる成長期、思春期では、とかくヨードが不足しやすい。このことは、特に女性に顕著である。ヨードが不足すれば甲状腺は無理をするので腫れあがる。

 海草類が、古くから不老長寿の食品とみなされたのは、ヨードの含有量が多く、甲状腺の働きを維持して老化を遅らせるためと考えられている。

 甲状腺ホルモンの働き

 物質代謝を促進する
 甲状腺ホルモンは全ての物質代謝を促進し、肉体的にも精神的にも活動性を高めるので、活力の元ともいえる。

 甲状腺ホルモンが十分にあると、体内での栄養素の燃焼が高まるため、熱の生産が増す。したがって、寒さに対する抵抗性も高まり、食欲も増す。

 血液循環も良好となり、適度の発汗で皮膚もうるおい、活気をおびる。

 不足すると老化が早まる
 甲状腺ホルモンが不足すると、全身の活気がなくなり、たとえば次のような老化現象が促進される。

 寒さに対する抵抗力が弱まる。

 皮膚は乾燥し、毛髪の脱落も増し、ついには特有のむくみ(粘液水腫)さえ生ずる。

 血液中にコレステロールが溜まり、動脈硬化の傾向が増す。

 胎児に不足すると知能が発達せず、からだも成長しない
 オタマジャクシの甲状腺をとると、いつまでたっても手足が出ず、尾もとれないまま大きくなる。

 反対に、オタマジャクシに甲状腺エキスをわずかに与えると、身体は小さいまま手足がどんどん伸び、尾もとれ、小さなませたカエルになる。

 同じような事が、人間の胎児の各器官の分化、発育についても言える。特に脳の発達には、甲状腺ホルモンが必要である。

 胎児の甲状腺の発達が妨げられると、脳の分化、知能の発達がみられない。胎児を通しての母胎からのホルモン供給では間に合わない。

 このような子供は、生まれてからも骨の発育・分化・成熟が行なわれないから、身長が伸びない。
 



エイジングケア
国産馬プラセンタサプリ
比較をして選ばれ続ける
【母の滴サラブレッド100】


30歳を過ぎたら
コラーゲンよりプラセンタサプリ


30代〜50代の女性
・ホルモンバランス
・エイジングケア
・ほうれい線
・更年期症状
・生理痛
・その他寝起き
・貧血
・関節痛
・自律神経
・基礎代謝

母の滴ブランドは
楽天ランキング1位独走中の
プラセンタ専門店です。

「母の滴サラブレッド100」
3つの特徴
1.北海道、日高産サラブレット由来の純度100%スーパープラセンタ

通常のプラセンタは、「胎盤(プラセンタ)」部分のみを使用しておりますがスーパープラセンタは「胎盤」+「サイタイ」を使用。

「天然のヒアルロン酸」を多く含む保水力に優れたサイタイを配合することにより、従来以上の栄養価UPだけでなく年齢により不足していく潤いをサポート。

2.たんぱく質量 業界最高クラスの98.8%
プラセンタの要であるたんぱく質量が98.8%と、最高品質のプラセンタサプリが誕生!

3.最高品質を、業界最安値に挑戦
高品質を誇る「スーパープラセンタ」は母の滴だけ。
中間マージンを省き、コストを最大限に抑えたことにより低価格を実現!





Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved