目の病気 赤目

私たちのからだと健康
TOP > 目の病気 > 赤目=眼瞼外反

まぶたの病気 赤目


 まぶたの病気:赤目=眼瞼外反

 まぶたの内側(結膜)が外側に向きだす病気である。火傷、外傷、手術、潰瘍、眼窩炎(眼球の器)のカリエスなどのあとが縮まって起きる。

 慢性結膜炎、眼瞼縁が長引いて、まぶたの内側が厚くなり、逆に皮膚や筋肉がたるんだ場合に起きる。目を開いたり閉じたりする筋肉(眼輪筋)を支配する神経の麻痺やけいれんにより筋肉が収縮して起きる。

 症状
・ まぶたの内側が厚く濃赤色となり、見た目が悪くなる。

・ 涙が下まぶたに落ちてただれ、湿疹ができる。

・ 角膜炎を起こすこともある。

 治療
・ 原因療法
 原因となっているものを除去する治療を行なう。

・ 手術療法
 原因療法で治らない場合には、皮膚の移植によってひきつれを緩める手術を行なう。




新聞や雑誌でも話題!
【アサイーベリー】




海外メディアでも話題!
アサイーベリー


テレビやラジオ、雑誌などでも
取り上げられることの多くなった
話題の
「アサイーベリー(アサイベリー)」

このような方にお勧め!!

スマホやパソコンなどをよく使われる方
新聞などの文字が読みづらい方
夕方の運転や長時間運転がキツイとお悩みの方
細かい作業をすることが多い方
目の老化を少しでも緩やかにしたい方
輝く美しい瞳をキープしたい方



 


Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved