目の病気 逆さまつげ

私たちのからだと健康
TOP > 目の病気 > さかさまつげ

まぶたの病気 逆さまつげ


 まぶたの病気:逆さまつげ

 まつ毛が内側(眼球)に向き、黒目(角膜)に触る病気である。睫毛乱生、睫毛内反、眼瞼内反症などがあり、まれに二重睫毛もある。

 種類
・ 睫毛乱生
 まつ毛がいろいろな方向に向かって生え、向きが乱れている状態をいう。トラコーマに続発することが多い。

・ 睫毛内反
 まつ毛が全部そろって眼球のほうに向かって生えている場合で、小児や老人にみられる。

 小児の場合
 頬部に脂肪が多いため、下を見ると下まぶた(特に目がしら)が押され、まつ毛が黒目に触れるようになる。成長につれ自然に治ることが多いが、治らない場合には手術が必要である。
 
 老人の場合
 まぶたの皮膚がたるむために起きる。手術を行なう。

・ 眼瞼内反症
 目縁とまつ毛が黒目(角膜)に向かっている場合で、疲れたり痛んだりするとまぶたがピクピク痙攣する痙攣性収縮や、まぶたの火傷、潰瘍、外傷後のひきつれのために生じる瘢痕性収縮で起きる。

 症状
・ 黒目に数本くらいのまつ毛が触る軽症のものから、まつ毛の全部が触る重症のものまである。

・ 黒目に当たると白く濁り、まぶしさを訴える。

・ 白目が赤くなりごろごろして痛む。

・ 涙がたまり、物が見えにくくなる。

・ 角膜潰瘍を作ることもある。

 治療
・ 軽症の場合
 数本のまつ毛が黒目に触れている場合には、睫毛抜去を行ない、再生を防ぐために電気分解法で毛嚢を壊す。
 
・ 重症の場合
 たくさんのまつ毛が黒目に触っている場合は、手術を行なう。




新聞や雑誌でも話題!
【アサイーベリー】




海外メディアでも話題!
アサイーベリー


テレビやラジオ、雑誌などでも
取り上げられることの多くなった
話題の
「アサイーベリー(アサイベリー)」

目に良い成分
アントシアニンが豊富なので

スマホやパソコンなどをよく使われる方
新聞などの文字が読みづらい方
夕方の運転や長時間運転がキツイとお悩みの方
細かい作業をすることが多い方
目の老化を少しでも緩やかにしたい方
輝く美しい瞳をキープしたい方


アンチエイジングに必要な
ポリフェノールが豊富なので

いつまでも若々しくありたい方
シミ、シワが気になる方


鉄分が豊富なので

体力の回復を早めたい方
特に鉄分が気になる女性の方に

その人気の理由は
アサイーベリー(アサイベリー)の
優れた栄養にあります。

アントシアニンはブルーベリーの約5倍
食物繊維はごぼうの約3倍
カルシウムは牛乳の約2倍
ビタミンCはレモンの約3倍
リンはバナナの約4倍
鉄分はレバーの約5倍
ポリフェノールは赤ワインの約30倍


 


Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved