目の病気 網膜色素変性症

私たちのからだと健康
TOP > 目の病気 > 網膜色素変性症

眼球の病気 網膜色素変性症


 眼球の病気:網膜色素変性症

 網膜全体に色素が沈着して、わずかに中心部にだけ健全な部分を残す病気で、大部分が劣性遺伝をするといわれるが、優性の場合でも遺伝以外でも起こり、親類縁者に異常者が一人もいなくても発病する例もかなりある。

 幼少、若年者に発病しやすい。

 症状
 自覚的症状
 初期に最も多く自覚するのは夜盲(とり目)である。しだいに進行して視野が狭くなり、節穴から覗いているようになる。さらに進めば失明してしまう。

 他覚症状
 眼底検査を行なうと黒い色素が多数みられ、眼底血管はいずれも細くなっている。

 治療
 薬物療法
 特効薬はないが、進行を止めるために、血管拡張剤、ビタミンなどの栄養剤、夜盲に対しアダプチノール内服、カタリン内服、間脳へのレントゲン照射などを行なう。

 その他
 徐々に進行する疾患であるからいたずらに治療に迷うようりも、長期的な教育の配慮、生活設計に重点を置くべきである。




新聞や雑誌でも話題!
【アサイーベリー】




海外メディアでも話題!
アサイーベリー


テレビやラジオ、雑誌などでも
取り上げられることの多くなった
話題の
「アサイーベリー(アサイベリー)」

このような方にお勧め!!

スマホやパソコンなどをよく使われる方
新聞などの文字が読みづらい方
夕方の運転や長時間運転がキツイとお悩みの方
細かい作業をすることが多い方
目の老化を少しでも緩やかにしたい方
輝く美しい瞳をキープしたい方


 


Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved