病気の知識 目の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > トラコーマ=トラホーム・結膜濾胞症

トラホーム 結膜濾胞症 結膜炎



 

 トラコーマ=トラホーム・結膜濾胞症

 <トラコーマ=トラホーム>

 どんな病気か
@ ウイルスによって起こる特殊な結膜炎である。

A 抗生物質の出現以来かなり罹患者は減ってきた。

 症状
@ 急性期は濾胞性結膜炎の症状ではじまる。

A 炎症が慢性化して長引き、併発症として結膜の瘢痕化、眼裂の縮小、眼瞼と眼球が癒着したりする。また、角膜に血管が入りこみ角膜がにごって視力低下を起こしたりする。

 治療
@ 症状と結膜の染色顕微鏡検査でプロバツェック小体というものを見つけて診断を行なう。
スポンサードリンク

A 有効な抗生物質、消炎剤などを早期に適切に用いる。

B 感染の防止に留意し、いったんかかったら早期に信頼のおける専門医の診療と指示をうけることが大切である。しろうと療法では薬剤の選択、治療期間、治癒判定などの適性を欠き、かえって状態を悪化させることが多い。
 
 <結膜濾胞症>

@ 結膜円蓋部に小球状の比較的透明なブツブツができる病気である。

A 原因は不明であるが、体質的なリンパ装置の肥大によると考えられている。

B 充血、眼脂、異物感、かゆみなどがない。

C 必要もないのに点眼水や軟膏を使うことは、無用の刺激を目に与えることになり望ましくない。
 
スポンサードリンク

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved