病気の知識 目の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 硝子体混濁

目 硝子体混濁 飛蚊症



 

 硝子体混濁

@ 出血や炎症のために透明の硝子体に混濁が生じた状態をいう。

A 単独にくることはなく、網膜硝子体出血、外傷、ブドウ膜炎などから起きてくるものである。

 症状
@ 眼前にもやもやした雲のようなものが見えたり、蚊が飛んでいるように見えたりする(飛蚊症)。

・飛蚊症は正常人にもしばしばみられ、とくに近視の強い人には必発である。しかしこの場合は進行せず、視力にも影響しないし、眼底検査でも混濁がはっきり証明されないことが多い。これは生理的飛蚊症と呼ばれ、全く心配の必要がない。

A 混濁が強くなれば視力が低下する。

 治療
@ 原病があればその治療が根本である。
 
スポンサードリンク
A 症状が進行している場合は、吸収剤の内服、食塩水や拡散因子の眼注が行われるが、有効な治療法とは言いにくい。

B 長いあいだに、しだいに吸収されてなおることが多い。

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved