幼児期 運動

私たちのからだと健康
TOP > 運動 > 幼児期の運動

幼児 運動神経


 幼児期の運動

 運動神経の発達が主眼
 幼児期に運動能力の基礎が出来る。特に運動神経がもっとも発達する。だから運動不足になると、神経機能の鈍い、時には運動嫌いの人間にさえなる。

 幼稚園での実験例
幼稚園での体育授業の実験結果
実験クラス 対称クラス
測定項目 実験前 実験後 実験前 実験後
身長(cm) 104.2 110.3 6.1 103.7 109.1 5.4
体重(kg) 16.1 18.1 2.0 16.6 18.1 1.5
背筋力(kg) 20.4 27.8 7.4 20.3 28.1 7.8
片足立ち(秒) 13.9 29.3 15.4 19.1 26.4 7.3
25m走(秒) 7.3 6.3 1.0 7.2 6.4 0.8
立ち幅跳び(cm) 95.1 120.9 25.8 98.7 119.2 20.5
テニスボール投げ(cm) 552 1126 574 620 1036 416

 表によると、幼稚園で体育授業を1年間実施した実験クラスは、体育授業を行なわなかった対称クラスに比べて、特に身体のバランスを反映する「片足立ち」の成績が、過去1年間に素晴らしく向上したことが分かる。このほか「テニスボール投げ」の投力、「立ち幅跳び」の脚力といった運動能力も実験クラスで大きく向上している。

 この実験は、幼児期の運動が、運動能力の基礎作りにいかに貢献するかを如実にしめしている。

 どんな運動が良いか
 歩く、走る、跳ねる、投げる、登る、ぶら下がるなど、身体を軽快に動かすような全身的な運動が良い。高等の技術を要するもの、偏った運動はよくない。

 遊びの中で
 これらの運動は、遊びの中に溶け込ませて行うのが効果的である。

・ 例えば地面に2本の線を引き、これを川と見立てて飛び越すことによって脚力を養うとか、ボールを的に当てて、これを素早く取って来るようにして、投と走の能力を養う。

・ 鉄棒、ジャングルジム、はん登網といった子供の興味をそそる用具を使うのも効果的である。
 



成長期の伸びる力をサポート!
【マックスノビール】

成長期のお子様をのび〜るサポート!
マックスノビール!


マックスノビール
成長期5大成分として、
<1>成長期に必須のアミノ酸「アルギニン」1,000mg
<2>元気サポート成分「クエン酸」850mg
<3>身体の土台をつくる「プロテタイト」50mg
<4>カルシウムと相性のよい「ボーンペップ」50mg
<5>休息サポート成分「グリシン」20mg
をバランスよく配合しているドリンクタイプのサプリメントです。

さらに
「ビタミンB1」「ビタミンB2」
「ビタミンB6」「ナイアシン」
「パントテン酸」「ビタミンB12」
「葉酸」「ビタミンD」
「ビオチン」の栄養素を
「栄養機能食品」の
表示が可能な量を配合しており、

1杯で、
1日に不足しがちな栄養素を
補うことができます。


【価格・特典】
毎月100名様限定の
「のびのびサポートコース」
お申込み頂くことで、
初回は83%OFFの1,980円、

2回目以降はずっと
50%OFFの5,980円
ご購入いただけます。

通常購入11,960円で購入するより
断然お得です!

また、「90日間返金保証」
特典も付いていますので、
初めて購入される方も安心です。


 


Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved