病気の知識 耳・鼻・咽喉の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 耳管炎

耳 耳管炎 鼻 のど



 

 耳管炎

@ 耳管の内面の粘膜が炎症を起こして耳管がふさがる病気でる。

A かぜなどによって起きる急性耳管炎とアデノイド、耳管扁桃の肥大によって起きる慢性耳管炎とがある。

 症状
@ 難聴がおきる
 耳管の内面がはれて内腔が狭くなり、空気の通りが悪くなる。このため中耳の空気が希薄になり、鼓膜の動きが鈍って難聴が起きる。これが耳管狭窄症である。

A 中耳に水がたまる
 中耳狭窄症が起きると、しばしば中耳に水がたまってくることがある。これを中耳カタル(カタル性中耳炎)という。水がたまったような音がする。

B 難聴が悪化する
 長く狭窄が続くと鼓膜が内方に陥入したまま癒着してしまい、難聴がひどくなる。これを癒着性中耳炎という。

 治療
@ 耳管狭窄症の治療
 耳管カテーテルという管を鼻から通して耳に空気を送り、耳管の狭窄をなおす。
 
スポンサードリンク
A 中耳カタルの治療
 中耳カタルになって耳内に水がたまった場合は、特殊な注射器で鼓膜を穿刺して水をのぞく。

B 癒着性中耳炎の治療
 前述した鼓室成形術を行なって治療する。

C 原病の治療
 アデノイド、鼻咽腔炎、耳管扁桃炎などが原因になっている場合は、これらの病気を完全に治療することが大切である。

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved