病気の知識 耳・鼻・咽喉の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 急性中耳炎

耳 中耳炎 鼻 のど



 

 急性中耳炎

@ 鼻やのどの疾患に続いて起こる中耳粘膜の病気である。

A 耳痛だけの軽いものから耳だれ(耳漏)の出る重いものまである。

B 耳痛、耳閉塞感、耳鳴り、難聴、発熱などが症状の特徴である。

 原因
@ かぜが原因で起こる。

A はしか、肺炎、しょうこう熱、インフルエンザなどの病気に併発する。

B 乱暴に鼻をかんだり、プールなどで水を飲んだりすると、耳管から感染が伝わって起きる。

C 乳幼児では耳管が太くて短いため、とくに中耳炎を起こしやすい。

 症状
スポンサードリンク
@ 耳の奥の方に耳痛が起きる
 もっとも軽症のものは、軽い耳痛と耳閉塞感が起きるだけで、医師を訪れて初めて中耳炎と知る程度である。

・炎症が軽くてうみがたまらなければ耳痛だけですむ。

A 発熱と難聴が起きる
 少し重いものには必ず発熱と耳鳴り、難聴がある。耳鳴りがひどく、睡眠がとれない。また頭痛が起きることもある。

・熱は重い中耳炎にはつきもので、とくに小児の場合には大切な症状である。

B 鼓膜が破れると耳だれ(耳漏)が出る
 重症になると中耳にうみがたまる。鼓膜が破れてうみ(耳漏)が出はじめ、耳痛や熱が取れる。

・耳だれは、はじめは透明のものが多量に出る。しだいに濁ったものになり、しまいには濃いうみになる。
・鼓膜の穴は病気が治ればすぐにふさがるから心配はない。

C 乳様突起炎を併発する
 早くうみが出ないと乳様突起炎を併発する恐れがある。

・乳様突起炎は乳様突起という骨の内部に炎症が起きる病気で、熱が下がらず中耳炎は悪化し、聞こえも悪くなり、耳の後ろが痛むようになり、かかったら手術が必要になる。

 治療
@ 局所療法
 鼓膜切開でうみを出し、湿布などをする。

A 全身療法
 うみの細菌検査をして適当な抗生物質の注射、内服を行なう。

B 手術療法
 鼓膜を切開して排膿を行なう場合がある。切開した鼓膜はうみが完全に出きってしまえば、自然にふさがり聴力も回復することが多い。
 
スポンサードリンク
 家庭での注意
@ 安静がもっとも大切である。必ず就床すること。

A かぜが原因の場合には、はやくかぜをなおすこと。

B 耳を湿布する。冷湿布がよいか温湿布がよいかは病状によって違うから医師に相談する。

C かぜを引いているときは鼻を強くかまないこと。

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved