耳の病気 急性中耳炎

私たちのからだと健康
TOP > 耳の病気 > 急性中耳炎

急性中耳炎 原因


 耳の病気:急性中耳炎

 鼻や喉の疾患に続いて起こる中耳粘膜の病気で、耳痛だけの軽いものから耳だれ(耳漏)の出る重いものまであり、耳痛、耳閉塞感、耳鳴り、難聴、発熱などが症状の特徴である。

 原因
 風邪が原因で起こる。はしか、肺炎、しょうこう熱、インフルエンザなどの病気に併発する。乱暴に鼻をかんだり、プールなどで水を飲んだりすると、耳管から感染が伝わって起きる。

 乳幼児では耳管が太くて短いため、特に中耳炎を起こしやすい。

 症状
 耳の奥の方に耳痛が起きる
 もっとも軽症のものは、軽い耳痛と耳閉塞感が起きるだけで、医師を訪れて初めて中耳炎と知る程度である。

・炎症が軽くて膿がたまらなければ耳痛だけで済む。

 発熱と難聴が起きる
 少し重いものには必ず発熱と耳鳴り、難聴がある。耳鳴りがひどく、睡眠がとれない。また頭痛が起きる事もある。

・熱は重い中耳炎にはつきもので、特に小児の場合には大切な症状である。

 鼓膜が破れると耳だれ(耳漏)が出る
 重症になると中耳に膿がたまる。鼓膜が破れて膿(耳漏)が出始め、耳痛や熱が取れる。

・耳だれは、始めは透明の物が多量に出る。しだいに濁った物になり、しまいには濃い膿になる。

・鼓膜の穴は病気が治れば直ぐにふさがるから心配はない。

 乳様突起炎を併発する
 早く膿が出ないと乳様突起炎を併発する恐れがある。

・乳様突起炎は乳様突起という骨の内部に炎症が起きる病気で、熱が下がらず中耳炎は悪化し、聞こえも悪くなり、耳の後ろが痛むようになり、かかったら手術が必要になる。

 治療
 局所療法
 鼓膜切開で膿を出し、湿布などをする。

 全身療法
 膿の細菌検査をして適当な抗生物質の注射、内服を行なう。

 手術療法
 鼓膜を切開して排膿を行なう場合がある。切開した鼓膜は膿が完全に出きってしまえば、自然にふさがり聴力も回復することが多い。

 家庭での注意
・ 安静が最も大切である。必ず就床する事。
・ 風邪が原因の場合には、早く風邪を治す事。
・ 耳を湿布する。冷湿布が良いか温湿布が良いかは病状によって違うから医師に相談する。
・ 風邪を引いている時は鼻を強くかまないこと。
 



ガンガン、ズキズキしらずの
新習慣
【ズキラック】




突然やってくる
ガンガンズキズキに!【ズキラック】


ズキラックは、
3種類の優良成分に
3種類の漢方成分、
さらに2種類の美容成分を配合した
至高のサプリメントです。

粒状だから飲みやすく、
口に入れた瞬間のシナモンの香りで
リラックス効果も……

突然やってくる
あのガンガンズキズキ対策はもちろん
女性に嬉しい美容成分も!

さらに今話題の
大豆イソフラボンも配合!

8種の成分で、
対処法ではない
薬に頼らない体作り
しっかりサポート!

偏頭痛や頭痛全般でお悩みの方
薬に頼りたくない方
中年女性特有の悩みを持たれている方

20日間返金保障



 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved