変形性股関節症 症状

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 変形性股関節症

変形性股関節症 治療


 変形性股関節症

@ 股関節の関節軟骨は、さまざまの原因によって変質しやすく、その結果、軟骨はうすくなって、ところどころで消失し、しだいに軟骨の弾力性が失われていく。

・原因として最も多いのは、先天性股関節脱臼であるが、そのほかの病気で関節の形が悪くなった場合とか、関節炎で関節がこわされた場合、関節の血液循環に障害を生じた場合にも起こる。

A 関節軟骨のすぐ下で骨に空洞ができたり、関節の辺縁部に骨の突起ができたりすると、股関節痛および股関節運動の障害がおこる。

B いっぱんに女子に多いのは、女子に多い先天性股関節脱臼が原因となるからである。

・なお、先天性股関節脱臼によるものでは、しばしば学童期に発病することがある。

 症状
@ 全身状態には異常がなく、ただ股関節の痛みをともなう。

・初期の症状は、長途の歩行のあとに、疲れや痛みが出て、休めばまた歩くことができる状態である。
 
A 初期症状は一時的に軽快するが、再発を繰り返して、しだいに痛みが強まり、歩行距離もだんだん短くなる。

B 股関節の運動が障害されてくると、運動時などに、ときには関節内で音のすることがある。

・多くの場合は、両側に発病して歩行はいちじるしく障害される。

C 重症になると、起立、歩行がまったくできなくなり、安静時にも痛みが去らず、睡眠をさまたげられる。

・関節は全く動かなくなる。

 治療
@ X線写真で病気の程度を検査した上で治療法が決められる。

A 起立、歩行は出来るだけ制限して、股関節に力のかからないようにする。

B 痛みは臥床によってなくなるのがふつうである。痛みのとれないときには入院して、下肢の牽引を行なう。

C 薬は関節リウマチの薬が用いられ、股関節内に注射することもある。

D 痛みに対しては、手術のほうが有効で、症状に応じていろいろな手術が行なわれる。

 家庭での注意
@ 日常の生活環境を改善し、できるだけ起立、歩行の少ない仕事に従事して、股関節の負担を軽くする。
 
A 温浴は有効である。

B 杖を使用すると、病気の進行を遅らせることができる。
 


辛い股関節の痛みを軽減してくれる
お医者さんのがっちり股関節ベルト



股関節のつらい痛みを軽減する
股関節ベルト


名古屋の具志堅クリニック
整形外科医の院長が開発した
股関節ベルト。


股関節の痛みで、
脚を上げるのが辛く大変だった
階段の昇り降り。

これさえ着ければ階段の昇り降りも
スイスイ・ラクラク!

歩行時や
立ったり座ったりする時に起こる、
股関節の痛みをラクにしてくれます。


つら〜い股関節のブレを
サポートします。

股関節部にあたるウレタンパッドが
固まった股関節周りの筋肉を和らげ、
さらに、添え木のようにパワーネットが
股関節のブレを安定させます。

さらに面ファスナーで
着脱も簡単です。

また、保温性のある
旭化成繊維のサーモギア(R)を
使用しているので
股関節周りを保護。

本体は通気性に優れた
メッシュ素材で通気性もよく
1年中ご使用いただけます。

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved