病気の知識 骨・関節・筋肉の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 外傷性股関節脱臼

骨 関節 筋肉 股関節



 

 外傷性股関節脱臼

@ 脱臼の種類
 外力の作用する方向によって、大腿骨骨折の脱臼位が異なる。前方、後方、上方、内方の5種類に区別される。

・股関節脱臼の70%は後方脱臼、20%は前方脱臼で、その他の脱臼は非常に少ない。

A 下肢の肢位
 下肢は屈伸あるいは捻転など、脱臼の種類に応じて一定の肢位をしめす。

・後方脱臼では、股関節を曲げて股を寄せ、ひざを内側に向けた格好になって、下肢は短縮する。
・ 前方脱臼では、後方脱臼とまったく反対の格好になる。

 症状
@ 大きなけがであるから、ショックにおちいりやすい。

A 股関節の痛みとはれが強い。
 
スポンサードリンク
B 下肢の肢位は固定していて、その肢位はなおそうとしても抵抗があってなおすことができない。

・手をはなせばたちまちもとの状態に戻ってしまう。、

 治療
@ 全身麻酔のもとに徒手整復する。

・整復する瞬間に、大きな整復音が聞かれる。

A 整復後2週間ほどは、床に寝て安静をまもり、その後にマッサージと関節運動を加えていく。

B 次のような場合には、徒手整復ができないので、手術的に整復しなければならない。

・大腿骨が同時に骨折しているとき。
・髀臼が骨折して、そんの骨片が整復をさまたげているとき。
・関節包が大腿骨に引っ掛かっているとき。
・脱臼後、3〜4週間以上を経過しているとき。
スポンサードリンク

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved