病気の知識 骨・関節・筋肉の病気

私たちのからだと健康
TOP > 病気の知識 > 進行性化骨性筋炎

骨 関節 筋肉 筋炎



 

 進行性化骨性筋炎

 筋組織に化骨現象をきたす病気で、つねに進行性である。原因として、炎症、腫瘍、外傷、神経障害、先天素因などがあげられているが、はっきり分かっていない。遺伝性疾患ともいわれるが、遺伝を否定する説もある。発症年齢は10歳以前、とくに5歳以下の男子に多い。

 症状
@ 頚部や背部に発生するものが多い。

A 痛みのない皮下腫瘤(こぶ)を生じ、いちどこれが消えたのち、ふたたび同じ部位に腫瘤が発生する。

B つぎの4期の経過をたどる。
・無痛性腫瘤期→自然緩解忌→増悪期→終末期(石化人期)

C 終末期に近づくと、おかされた部位により斜頚、脊椎の湾曲ないし運動障害、胸郭変形、四肢関節の運動障害、開口障害を見るようになる。

D 患者はいちじるしくやせ、呼吸筋の骨化により呼吸困難となる。

E 手足の小指症を合併することがある。
 
スポンサードリンク
 治療
 胸腺のX線治療・ホルモン療法・食事療法などを行うが、効果は不確実で根本的な治療は全くない。
 

スポンサードリンク

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved