年齢と健康 主婦の健康管理8つのポイント

私たちのからだと健康
TOP > 年齢と健康 > 主婦の健康管理8のポイント

主婦 健康管理



 

 主婦の健康管理8つのポイント

@ 少なくとも年1回は健康診断を受ける

● できれば春・秋2回の受診が望ましい。
● 人間ドック式の精密健康診断がもっともよい。なかでも、視機能・体重測定・胸部レントゲン撮影・貧血の有無を調べる血液検査・尿検査(腎機能・肝機能・糖尿検査)・血圧測定・婦人科診察はしたい。

A 過労の防止とレクリエーション
● 仕事のあとにはじゅうぶん休息をとり疲労を蓄積させない。
● 夜の睡眠不足は昼寝でおぎなう。

● 心理的疲労を回復させるため、一家そろってのだんらん、旅行などレクリエーションに努める。

B 家庭料理を栄養豊かに
● 食生活は向上したとはいえ、とくにビタミンB1、Cが不足しがちである。
● インスタント食品の普及で栄養のバランスが崩れている。
● とくに昼食の粗食傾向は改めたい。
 
スポンサードリンク
C 素人療法は禁物
● 自覚症状が強かったり、発熱をともなうばあいには早期受診が必要で、素人判断はしばしば大事をまねきやすい。

D 信頼できる家庭医を持つ
● 病気になるとやたらに医師を変え、家庭医を持たない人が増えている。
● 医師の立場を借りて言うと、、長いあいだ診察していると、その人の健康状態、体質をはじめ、有効な治療法、生活指導についても熟知するようになる。

E 救急箱や優れた医療図書をそなえる
● 不慮のけが、軽い病気に備え、救急箱や脱脂綿・包帯・ガーゼ・絆創膏類・氷のう・氷まくら・体温計を用意しておく。

● 家庭用医学書をそなえ、おりにふれて読めば病気の予防に役立つ。

F 予防注射は必ず受ける
● 予防接種法、結核予防法に規定されているものは漏らさない。それが伝染病予防の道に通じる。

G 健康状態を記録しておく
● 医師の健康診断の結果を記録しておくと、いざ病気になったときに、医師の診断に役立つ。
スポンサードリンク
● 家族全員についても記録をとっておくと、子どもの発育、家族の健康管理に貴重な資料となる。
 

スポンサードリンク

 

 



Copyright (C)  私たちのからだと健康 All Rights Reserved